メルセデス、今期限りでフォーミュラEを撤退との報道
メルセデスは、Gen3に投入する来期を前にフォーミュラEを撤退するとされ、今後数日に正式に発表されると報じられている。

メルセデスは、新しいGen3レギュレーションのマシン開発を開始するための遅延オプションにサインしており、まだ正式にレギュレーションにコミットしてない。

メルセデスは、登録を延長した後、「シリーズの構造に関する重要な詳細」よりも「明確化」が必要である声明を発表していた。

しかし、現在、メルセデスは、ダイムラーの役員室からの決定に従い、フォーミュラEから撤退することが予想されている。

メルセデス・モータースポーツのボスであるトト・ヴォルフは、Gen3に関して「決定が下された」ことを確認した。

「メルセデスが去る場合は、もちろん、別の戦略に取り組む必要がある」とトト・ヴォルフはコメント。

「我々がスポーツに参加しているのは、私たちが競争して輪になって走り回るのが好きだからだけではない。それは主にマーケティングとコミュニケーションのプラットフォームだ」

「したがって、我々が行っているすべてのことと同様に、メルセデス・ベンツのためにあらゆるプラットフォームが生み出すことができる利点の観点から、絶えず評価されている」

「それが生み出すマーケティング価値とは別に、それは技術移転に関するものであり、テクノロジーとマーケティングの2つは密接に関連している必要がある」

「これがすべてが恒久的に評価される理由だ。これは我々がブランドを見る場所に本当に貢献しているのか?」

フォーミュラE撤退のニュースは、メルセデスが2025年以降に市販車を電気自動車のみで発売することを計画しているにもかかわらず来ている。

トト・ヴォルフは「我々が決定に関して何を見ているとしても、それは我々がもはやそれを好きではない、それから抜け出したいということでは決して100%そうではない」

「100%そうではない。我々はそれが大好きだ。それが理由であれば、永遠にとどまるだろう」

「それよりもはるかに微妙な問題だ」

トト・ヴォルフは、フォーミュラEシリーズのチーフが決定を認識していることを確認した。

しかし、パドックの憶測は、メルセデスのパワートレインを継続するマシンで、トト・ヴォルフが率いるプライベートのエントリーでスタッフが留まる余地があることを示唆している。

トト・ヴォルフは“Toto Racing”チームについて冗談を言いつつも、ニコ・ロズベルグの元レースエンジニアのトニー・ロスと元ルノーF11チームのテクニカルディレクターであるニック・チェスターを含むチームのテクニカル採用の相次いでおえい、彼らを維持したいという願望を認めた。

トト・ヴォルフ「我々は完全に機能するチームを持っており、とても楽しいシリーズで誇りに思うことができる」とコメント。

「我々はチームとシリーズに対してある程度の責任も負っている」

この発表は、HWA Racelabの旗の下で行われたシーズンに続いて、2019-20年にフォーミュラEへのワークス参戦を開始したメルセデスがわずか2シーズンで撤回することを意味する。ドライバーのニック・デ・ブリーズは、最終戦でドライバーズタイトルを獲得。チームのコンストラクラーズタイトルを獲得した。

ベルリンのE-Prixウィークエンドは、アウディとBMWの最後のエントリーでもあり、ライバルのドイツメーカーはプレシーズンテスト中にフォーミュラEを撤退することを発表している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォーミュラE / メルセデス