セルジオ・セッテ・カマラ、来期のフォーミュラEへのフル参戦が決定 / レッドブルF1 リザーブドライバー
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるセルジオ・セッテ・カマラが、2020/2021シーズンのフォーミュラEにドラゴンからフル参戦することが発表された。

レッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダF1のリザーブドライバーであるセルジオ・セッテ・カマラは、2019/2020シーズの最後の6戦で、元F1ドライバーのブレンド・ハートレーに代わってフォーミュラEデビューを果たした。

新型コロナウイルスによって中断後のレースで、セルジオ・セッテ・カマラのベストリザルトは15位。チームメイトのニコ・ミュラーもノーポイントで終えている。

来期からDragon / Penske Autosport へとブランドを変更するチームは、来期もセルジオ・セッテ・カマラが残留することを発表。この発表によって、セテ・カマラが日本で残りのスーパーフォーミュラに参戦する可能性は低くなった。

新型コロナウイルスによる渡航制限がなければ、スーパーフォーミュラはセルジオ・セッテ・カマラのメインのシリーズになるはずだった。しかし、現状では10月の第3戦 SUGOの1戦しか出場できていない。Buzz Racing with B-Maxから参戦したセッテ・カマラは、初出場でいきなりポールポジションを獲得して周囲を驚かせたが、決勝ではクラッシュでレースを終えている。

スーパーフォーミュラは、12月5・6日に鈴鹿でダブルヘッダーが開催されるが、その数日前にバレンシアでフォーミュラEのテストが予定されており、セルジオ・セッテ・カマラが最後の3戦で日本に戻ることはないと予想されている。

「チームとの最初のフルシーズンに自分が学んだこと、オフシーズンにチームと行ってきた仕事を適用できることに興奮している」とセルジオ・セッテ・カマラは語った。

「僕の目標は各レースでできる限り最高の結果をもたらし、シリーズで学習曲線を伸ばし、ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツのクルーとの時間を楽しむことだ!」

「チームと一緒に成長し、ベルリンで一緒にスタートしたポジティブな勢いを維持し、今シーズン、一貫してポイントを争うことが僕のゴールだ」

ドラゴンは、1月にチリで始まる2020-21シーズンの2回目の署名をまだ指名していませんが、ミュラーは最近、衣装のペンスキーEV-5をテストし、席を争っていると考えられています。

ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツのオーナー兼チームプリンシパルであるジェイ・ペンスキーは、「セルジオは、ベルリンでのチームとの最初の6レースで何が起こるかを全員にプレビューした」と語った。

「セルジオのペースと、彼が電気レースの厳しさに適応した速度に満足している」

「ペンスキーEV-5パッケージと我々が全面的に行っている進歩により、彼がベルリンで示したポテンシャルをドラゴン/ペンスキー・オートスポーツでの最初のフルシーズンで一貫したポイントフィニッシュに変換することを期待している」

昨期、ドラゴンは、ブレンドン・ハートレーが第2戦サウジアラビアで9位でフィニッシュして2ポイントを獲得し、12チーム中11位でシーズンを終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォーミュラE / レッドブル / アルファタウリ