チーム・アグリ フォーミュラE 撤退
チーム・アグリが、今週末の最終戦ロンドンePrixをもってフォーミュラEから撤退することを発表した。

2013年、かつてスーパーアグリとしてF1に参戦していた鈴木亜久里とマーク・プレストンが、フォーミュラEに参戦するためにチーム・アグリを設立。しかし、今年4月にエグゼクティブ・チェアマンを務める鈴木亜久里がチームを離れ、チームの国籍が日本からイギリスへと変更されることを発表していた。

また発表の際、チームは投資会社と協議を進めていることを明らかにしていた。

チーム・アグリは28日に声明を発表。新たな投資者にライセンスを売却することで合意し、フォーミュラEから撤退することを発表した。

チーム・アグリのチーム代表のマーク・プレストンは「チーム・アグリが電気自動車の開発において真のパイオニアとみなされる存在になったことを誇らしく思う。新しいテクノロジーを開拓し、それを世界に示した」とコメント。

「今回がチーム・アグリにとって、FIAフォーミュラE選手権の歴史における最後のチャプターとなる。だが、チームは新たな投資者に売却されるため、新しいスタートでもある」

「チーム・アグリにとっての最後のレースだ。この2シーズン、懸命に努力し、貢献してくれたすべての人々に感謝したい」

今回の発表でチーム・アグリのライセンスの売却先に関する情報は明らかにされていない。

2016-2017年シーズンに向けては、日産とBMWがフォーミュラEへの参戦を検討しており、現存するチームと交渉を行っていると報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォーミュラE | スーパーアグリ