F1 フォースインディア ブラジルGP
フォースインディアは、F1ブラジルGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが10位入賞。エステバン・オコンは15位でレースを終えた。

オトマー・サフナウアー (チームプリンシパル)
「困難な土曜日を考えれば、1ポイント獲得は現実的に我々が達成できる唯一の結果だった。セルジオは、オープニングステージでルノーと戦ってギャップを開き、良いレースを戦った。その後は孤独なレースだった。彼の2台のハースとのギャップを縮めることができなかったがからだ。だが、状況を考えれば良い結果だ」

「エステバンは後方グリッドから順位を取り戻して良い仕事をしていたし、マックスとの衝突がなければおそらく11位でフィニッシュしていただろう。ルールでは自分自身でアンラップ(周回を取り戻す)してもいいと記されており、あの時点でエステバンはマックスよりもはるかに速かった。残念ながら、彼はコーナーでスペースを残してもらえなかったし、あれで二人のレースが台無しになった」

セルジオ・ペレス(10位)
「本当は午後に少し雨が降ってくれることを期待していた。レースを通して雲を見ていたし、暗くなってきていたけど、結局はドライのままだった。今日のレースでもっと多くのポイントを獲れたとは思わない。かなり序盤から燃料をセーブしなければならなかったし、僕にとっては午後のほとんどがかなり孤独なレースだった。僕たちはできる限りベストな戦略を実行したし、10位は僕たちに達成できる最大限だった。もっと多くのポイントを獲得して、ルノーがポイントを獲得しなかったことを活用できなかったのは残念だけど、アブダビではもっと良い結果でシーズンを終えられることを期待している」

エステバン・オコン(15位)
「良いペースがあるときにポイントを獲得できないのは残念だ。レース中は何度かいいオーバーテイクをしていたけど、マックス(フェルスタッペン)との接触で全て無駄になった。彼はピットを出た後で、僕は2周くらい彼の後ろを走っていたけど、僕の方が速かったし、チームは自分で周回を戻するようにアドバイスしてくいた。以前にフェルナンドや他の多くの人と同じ動きをして、ターン1でアウトに出たけど、マックスは僕に全くスペースを与えなった。横に並んでいたけど、消えることはできないし、僕たちは接触した。あれは僕のコーナーだったし、あのスペースを取る権利があった。レースの後の彼の振る舞いには驚かされた。彼はとても攻撃的だったし、FIAのスタッフが止めに入らければならなかった。あれはこのようなことに対処する方法ではない」

関連:【動画】 F1ブラジルGP 決勝 ハイライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1ブラジルGP