F1 フォースインディア ランス・ストロール
フォースインディアへの移籍はまだ発表されてはいないが、チームプリンシパルを務めるオトマー・サフナウアーは、ランス・ストロールは“素晴らしいドライバー”になると考えている。

フォースインディアはまだ2019年のランス・ストロール加入を発表していないが、父親のローレンス・ストロール率いる投資グループがチームを買収したことで、移籍は既定路線であると考えられている。

ランス・ストロールのウィリアムズからフォースインディアへの移籍は、シートを感じたと感じる人々からは否定的な目も向けられている。

しかし、オトマー・サフナウアーは、ランス・ストロールがいつか“素晴らしいドライバー”になるとそのポテンシャルを評価している。

「彼のことはまだあまり知ってはいないが、外から見れば、彼は良い仕事をしている」とオトマー・サフナウアーは Globo にコメント。

「去年はフェリペ・マッサと3ポイント差でシーズンを終えているし、フェリペは2008年にチャンピオンまで半周までいったドライバーだ」

「それに、今年、セルゲイ・シロトキンがウィリアムズに加入した際、誰もが彼は予選でとても速いと私に話していた。だが、ランスは彼を倒している」

「そのすべてが、我々が素晴らしいドライバーを迎えることを示している。彼はまだ非常に若いが、我々は彼の成長の手助けをしていけるだろう」

「それに我々はこれまでにもニコ・ヒュルケンベルグ、ポール・ディ・レスタ、ジュール・ビアンキといった若手ドライバーを鍛えてきているし、我々にはそのノウハウがある」

「我々は若手ドライバーのポテンシャルを引き出すことができるし、それはランスに関しても同じだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | ランス・ストロール