F1 フォース・インディア セルジオ・ペレス フランスGP
フォース・インディアは、F1フランスGPのフリー走行2回目に発生したセルジオ・ペレスのホイールが脱落するというトラブルに対して多額の罰金を科せられた。

FIA(国際自動車連盟)は、フォース・インディアに1万5000ユーロ(約192万円)に加え、執行猶予で8万5000ユーロ(約1091万円)の罰金を追加した。

セルジオ・ペレスが高速で走行していたことから、当初、FIAの技術代表を務めるジョー・バウアーはデブルがホイール脱落に至らしめた可能性があることを示唆していた。

しかし、FIAスチュワードは、最終報告書でボルト保持装置の不具合がホイール脱落を引き起こしたと結論づけた。

「問題はホイールの不正確もしくは不完全の取り付けによって引き起こされたのではなく、プレート保持装置上の3つの固定ネジの設置不良による組立不良によって引き起こされた」とFIAスチュワードは述べた。

FIAは、突然の故障の性質からチームが適切な措置を取ることができなかったことを踏まえ、フォース・インディアに対して相対的に寛容さを示した。

「したがって、今年の以前の決定と一致させ、スチュワードは規約で科せられる“可能性”のあるグリッド降格ペナルティが適用されないと判断した」

「しかし、今回は過去2年間でチームが関与した3回目、今年2回目の事故だり、通常であればペナルティは大幅に増加することを言及しておく」

「この罰金は、チームがこの種の潜在的な危険な事態が再発しないようにチームが組立と品質管理の手順を調査する必要があるとのスチュワードの見解を示しており、ペナルティは適切で、今後の抑止力として作用すると考えている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア