F1 フォース・インディア 中国GP 2018年のF1世界選手権
フォース・インディアは、F1中国GPの決勝レースで、エステバン・オコンが11位、セルジオ・ペレスが12位でレースを終えた。

エステバン・オコン (11位)
「今日はポイント獲得にかなり近づいていたけど、レースの出来事は僕たちにはあまり役に立たなかった。スタートが悪くてタイムを失ってしまい、何も進展させることができなかった。早めにピットインしたことでレースは僕たちの方に戻り始めていたし、2ストップ戦略がうまく機能しそうだった」

「セーフティカーが出るまではポイント圏内でのフィニッシュに順調に向かっていた。その後もレースの最後まで懸命にプッシュしたけど、グロージャンの後ろにあまりに長く引っかかってしまった。彼はとてもうまく防御していた。最終的にそれがマグヌッセンを追い抜いて、ポイント圏内に戻るチャンスを奪った。今回も僕たちの思い通りにいかないレースだったけど、ペースは競争力があったし、僕たちはポジティブなことに焦点を当てている」

セルジオ・ペレス (12位)
「今回もレースは1周目で台無しになってしまった。スタートはカオスだったし、多くのトラブルに遭遇した。ターン4の出口でルノーに押し出されてかなり順位を失った。それが僕たちの週末全体をかなり台無しにした。突然、弱いタイヤで劣勢に立たされることになり、やれることはほとんどなかった。僕たちはポイントに近づいていたし、チームはケビン(マグヌッセン)を追い抜くチャンスを僕に与えるために戦略的な判断をしたけど、十分な時間がなかった。僕たちはポジティブなことに焦点を当てることができる。僕たちはライバルにより近づいている。昨日は一歩前進を果たしたし、今日も改善を遂げていた。ヨーロッパに戻ったら、もっと力強い結果を残していけると思う」

関連:F1中国GP 結果:ダニエル・リカルドが大逆転優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1中国GP