フォース・インディア F1
フォース・インディアのチーム代表であるビジェイ・マリヤは、まだF1での将来は未決定だと語る。

フォース・インディアとウィリアムズは、FOTAを離脱して、2010年に無条件でエントリーを提出した。

しかしFOTAは、FIAとの交渉が決裂し、8チームとともに新シリーズを立ち上げることを発表した。

ビジェイ・マリヤは、妥協案が合意に達しなかったことを悲しいが、フォース・インディアは今週末のレースの後に選択肢を考慮するつもりだと語る。

「我々はFOTAに対して、完全にオープンであり明白だ」

「我々は、2010年 FIA F1世界選手権への無条件エントリーに必要とされる法的義務と商業契約を共有した。我々の行為はFOTAに評価されると思っているが、彼らはウィリアムズのように我々を除名すること選んだ」

「我々は常にFOTAとFIAが歩み寄ることを望んでいたが、昨晩、FOTAから彼らの決定を通知された。すでに分裂チャンピオンシップに向かって進んでいるようだね」

「非常に悲しいことだし、失望している。特にFIA世界選手権とF1ブランドは何十年にわたってかけがえのない財産に発展してきたものだからね」

「今現在、フォース・インディアは、2010年F1世界選手権への参戦を約束しているし、今週末の進展の様子を見ている。方向性が明らかになるまで、これい拾のコメントをするつもりはない」

関連:
FOTA、新シリーズ設立を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア