フォース・インディア ディフューザー
フォース・インディアは、F1バーレーンGPに新ディフューザーを持ち込んだ。

ダブルデッカー・ディフューザーが合法と判定され、中国GPでは、マクラーレンとルノーが暫定版の新ディフューザーを投入。

そして、今週のバーレーンGPではフォース・インディアが、新ディフューザーを投入してきた。

フォース・インディアは、ブラウンGP式の中央部を大きくとる形状を採用。内部の形状がアシンメトリーな点が興味深い。

また、新ディフューザーの導入に伴い、フロントウイングのフラップの形状を変更。サイドポンツーンにも手が加えられているという。

フォース・インディア ダブルディフューザー

フォース・インディア VJM02 ディフューザー フォース・インディア VJM02

関連:
ルノー:新ディフューザー(画像) - 2009年4月18日
マクラーレン、暫定版「ダブルディフューザー」を搭載 - 2009年4月17日
F1 ディフューザー問題 - 2009年4月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1バーレーンGP