フォース・インディア F1シンガポールGP 結果
フォース・インディアは、F1シンガポールGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが7位、ニコ・ヒュルケンベルグはリタイアだった。

セルジオ・ペレス (7位)
「こんなに厳しいレースを7位で終えて、6ポイントを獲得できたのでいい気分だ。フェルナンドの前に出なければならないのはわかっていたのでスタートがとても重要だった。それにロマンも抜くことができた」

「その後は良いリズムに乗れたし、最初のセーフティカーが終わってすぐは新しいタイヤだったので、そのケアと後続とのギャップを広げることに集中した。2回目のセーフティカーはあまり僕たちの助けにはならなかった。フレッシュタイヤを履いたトロ・ロッソ勢に大きなアドバンテージを与えられてしまったからね。彼らがすぐに追いついてくることはわかっていたし、自分のタイヤは古くなっていたので、前をキープするのが難しいこともわかっていた。マシンをウォールにぶつけないようにするのも簡単ではなかったしね。最後の15周は本当にきつくかったけど、なんとか7位を死守できた」

ニコ・ヒュルケンベルグ (リタイア)
「こんなレースの終わり方なんて本当にフラストレーションが溜まる。マシンには自信があった。1回目のピットストップを終えて順調に進んでいた。フェリペ(マッサ)とのアクシデントはとても不運だったと思うし、スチュワードルームでインシデントを議論するチャンスもないままペナルティを科せられたことが理解できない。ターン1を通過している時にピットの出口からフェリペが出てくるのは見えていたけど、ターン3では僕が前だったし、僕がレーシングラインにいたので、いつも通りにコーナーリングした。そうしたら、左リアに衝突を感じて、レースは終わった。僕的には僕のコーナーだったと思うし、あんなに遅いタイミングでフェリペがバックアウトするなんて驚いた。僕にぶつかる直前にロックアップしていた」

関連:F1シンガポールGP 結果:セバスチャン・ベッテルが今季3勝目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1シンガポールGP