キングフィッシャー航空
インドの民間航空管理局(DGCA)は、キングフィッシャー航空のライセンスを停止した。

フォース・インディアのチームオーナーであるビジェイ・マリヤが代表を務めるキングフィッシャー航空は、ストライキにより10月1日から全ての運航をキャンセルしていた。

DGCAのアルン・ミシュラは「キングフィッシャーは、私のところにいかなる運営プランも持ってこなかった。そうするまで、ライセンスは停止される」とコメント。

キングフィッシャー航空は、DGCAから命令を受け、同社の予約を停止するとコメント。すでにキングフィッシャー航空は11月6日までの運航をキャンセルしている。

キングフィッシャー航空は、現在14億ドル(約1,110億円)の負債を抱えており、2005年の創業以来、黒字を計上したことがない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア