フォース・インディア ビジェイ・マリヤ
フォース・インディアのチームオーナー、ビジェイ・マリヤに対し、インド南部の都市ハイデラバードから逮捕令状が出されたとインドのメディアと AFP通信 が報じている。

逮捕令状は、ビジェイ・マリヤのキングフィッシャー航空が、ハイデラバード国際空港の空港使用料として切った小切手(約1億5676万円)が不渡りになっているためだという。

Times of India によると、ビジェイ・マリヤは裁判所から呼び出しがあったが、海外にいたため出廷免除を受けようと試みて、出廷しなかったいう。

原告側のスポークスマンは「この件は、航空会社を裁判所に出廷させるために出された」と AFP通信 に述べた。

「彼らは出廷しなかったので、裁判所は、キングフィッシャー航空、ビジェイ・マリヤ、その他キングフィッシャー航空の役員4人に対してNBW(保釈の認められない逮捕令状)を発付した」

今回の逮捕令状は、数十億ドルの負債があると報じらているキングフィッシャー航空の一連の財政問題のなかでも最新のもの。同社は2005年の設立以来利益を出しておらず、賃金未払いに対する不満を募らせるパイロットやエンジニアがストライキを敢行しており、今月初めから運行できない状態が続いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア