F1 フェルナンド・アロンソ ジャンカルロ・フィジケラ
ジャンカルロ・フィジケラは、フェルナンド・アロンソは全てのF1チーム内で問題を引き起こすというのは事実ではないと述べた。

今シーズン末でF1キャリアにピリオドを打つことを発表しているフェルナド・アロンソは、妥協を許さない姿勢、コメント、戦略によって、所属チーム内で面倒な事態を起こすと非難する者もいる。

しかし、2005年と2006年にルノーでフェルナンド・アロンソとともにタイトルを獲得したジャンカルロ・フィジケラは「僕たちは一緒に素晴らしい2年間を共有した」と El Mundo Deportivo にコメント。

「チーム内の雰囲気はこれまで経験したことがないくらい良かった。僕たちは友人だったし、とてもうまくっやっていた」

「僕たちはいつも一緒に仕事をしていたし、レースの1時間前にカードで遊んでいたときもあった」

しかし、フェラーリ時代にフェルナンド・アロンソのチームメイトだったフェリペ・マッサは、数日前にアロンソは常にチーム内で問題を引き起こしていたと語っていた。

「それについては僕には何も言えない」とジャンカルロ・フィジケラはコメント。

「僕たちは一緒にすべてを勝ち取った。僕たちは本当にいい関係と友情を築いていた。それが僕にとってそのよなことはなかったと言っている理由だ」

多くの人々と同様に、ジャンカルロ・フィジケラは、フェルナンド・アロンソがインディカーに転向すると予想している。

「彼には最高の結果を出せることがわかているものを続けて欲しいと伝えたい」とジャンカルロ・フィジケラはコメント。

「彼は本当に多くのことを達成してきたし、彼の活躍を祈っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジャンカルロ・フィジケラ | フェルナンド・アロンソ