FIA、F1予算上限のコンプライアンス証明書の発行を10月10日まで延期
FIA(国際自動車連盟)は、F1予算上限のコンプライアンス証明書の発行を「進行中の長く複雑なプロセス」によって10月10日(月)まで遅らせることを発表した。

F1シンガポールGPで浮上したレッドブルとアストンマーティンの2チームが2021年の1億4500万ドルのコスト上限を超えた可能性があるとの憶測を受けて、F1パドックはシリーズの運営組織からのニュースを待ち望んでいた。

FIAは、完全な監査の後、水曜日に1億4500万ドルの制限内にとどまったチームにコンプライアンス証明書を発行するように設定された.

しかし、水曜日の午後遅くに発表された声明の中で、FIAは証明書が来週まで公開されないと発表した。

「FIAは、F1チームの2021年の財務提出の分析の結論とその後の財務規則へのコンプライアンス証明書のリリースbz10月5日水曜日には行われないことを通知する」と声明は述べた。

「財務提出の分析は、進行中の長く複雑なプロセスであり、10月10日月曜日に証明書を発行できるように完了する予定だ」

これは、レッドブルとアストン マーティンの両方が昨年1億4500万ドルの制限に違反したことを否定しており、F1予算上限に関する議論が日本GPの週末に鳴り響くように設定されていることを意味する。

レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは日曜日、ライバルのフェラーリとメルセデスがそうでない場合は厳しい制裁を求める中、チームが財務規制を遵守していたことに「絶対的な自信を持っている」と語った。

クリスチャン・ホーナーは以前、この件について「中傷的な」主張をしたとしてライバルを非難したが、ライバルであるメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフはそれを「ノイズ」として一蹴した。

予算上限を5%未満 (2021年には約 700万ドル)超過したことが判明したチームは、軽微な違反を犯したと見なされ、懲戒から減点までの制裁が科される。

5%のマークを超える違反は、重大な違反があると見なされ、チャンピオンシップからの除外、ポイントの減点、コスト上限の減額、またはテストの制限によって罰せられる可能性がある。

FIAは水曜日の声明で、予算上限に関する「重大かつ根拠のない憶測と憶測」に言及したコメントを繰り返した。

「FIAは、最終決定されるまで、これ以上の情報は提供されないことを改めて述べたい」と声明は付け加えた。

「また、FIAは、FIA職員が機密情報を開示したといういかなる提案も同様に根拠がないことを改めて述べたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA