FIA、F1チームの承認を得ずに2023年F1カレンダーを強行発表との報道
F1の全10チームは、火曜日の夜にFIA(国際自動車連盟)が2023年シーズンの24レースを発表したのを見て、驚いたと同時にショックを受けた。

Guardian の報道によると、F1チームは事前にカレンダーを知らされておらず、承認が必要なアメリカ - メキシコ - ブラジルのトリプルヘッダーについて相談されていなかったという。

2023年F1カレンダーは、4月のF1中国GPの再開と11月中旬のF1ラスベガスGPのデビューを含む、24レースというF1史上で最多のレース数で構成される。

FIAは9月23日にカレンダーを発表する予定だったが、実際には9月20日の世界モータースポーツ評議会の会議後に発表した。

F1は、F1モナコGPの契約を2025年まで延長したの発表することを余儀なくされた。伝統的なストリートサーキットは将来カレンダーの一部ではない噂されていた。

南米で予定されている3つのフライアウェイ トリプル ヘッダーは、ロジスティクス上の影響からF1チームの承認が必要となる。

しかし、F1チームはそれを受け入れると予想されていたため、FIAは承認を求めなかったと報告されている。

これはF1チームを苛立たせた。彼らは受け入れた可能性が高いが、コミュニケーションの欠如はF1の運営組織との関係に汚点を残した。あるF1チームのメンバーは、「受け入れられない」という1つの言葉でそれを要約した。

これは、F1のステファノ・ドメニカリCEOとFIAのモハメド・ビン・スライエム会長との間で明らかに緊張が高まっているという噂に続くものだ。

しかし、ステファノ・ドメニカリは、モハメド・ビン・スライエムと「ほぼ毎日」話をいているとして、これらの噂を否定している。

2023年シーズンは3月5日にバーレーンの砂漠で開幕し、11月26日にアブダビのマリーナで幕を閉じる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA