FIA、ナタリー・ロビンの同連盟初のCEO就任を発表 / F1
FIA(国際自動車連盟)は、ナタリー・ロビンが同連盟で初となる最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。

ナタリー・ロビンは、自動車および金融業界で15 年以上の経験を持ち、以前はボルボ、日産、ダイムラークライスラーで役職を務めていた。

FIAでは、彼女は組織の「成功した運営と財務実績」を担当し、「FIAの収益源を増やし多様化する」ための新しい商業成長計画を策定する。

「FIAにとって、このような重要でエキサイティングな時期に、FIAの史上初のCEOに任命されたことをうれしく思います」とナタリー・ロビンは語った。

「メンバー、シニア リーダーシップ チーム、会長と協力して、すべてのスタッフが関与する、改革と成長のビジョンを実現できることを楽しみにしている」

この発表は、ジャン トッドの後任として今年初めに就任した FIA会長のモハメド・ビン・スラエムの下での重要な任命を示している。

「ナタリー・ロビンの初のCEOへの任命は、我々の連盟にとって変革の瞬間だ」とモハメド・ビン・スライエムは語った。

「彼女の豊富な経験とリーダーシップは、当社の財務、ガバナンス、運営を改善する上で非常に重要だ」

「彼女は多様化と成長を実現し、FIAとメンバーにとって非常に貴重な資産となる経営陣のリーダーシップ能力を開発してきた実績があり、私は彼女をチームに歓迎する」

FIA 国際自動車連盟 F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA