マイケル・マシ、FIAとF1アブダビGPの件を口外しないNDA契約
元F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、FIA(国際自動車連盟)との間でF1アブダビGPの論争について話をすることを禁止するNDA(秘密保持契約)を結んだと報じられている。.

44歳のマイケル・マシは、昨年までF1レース ディレクターを務めていたが、2021年の最終戦F1アブダビGPの処置について論争となった後、今年2月にその役割を解任された。

マイケル・マシは、終了間際のセーフティカーの後、5台の車がアンラップすることを許可し、フレッシュなタイヤを装着したマックス・フェルスタッペンが最終ラップでルイス・ハミルトンを追い越し、自身初のF1ワールドチャンピオン獲得することを可能にした。

マイケル・マシの「ヒューマン エラー」により、2022年F1シーズンのルールは変更され、F1チーム代表はグランプリ中にレースディレクターと話すことが許可されなくなった。

そして、マイケル・マシがF1アブダビGPの混乱について話し合うことを禁止するNDAに署名したという事実は、まだF1ファンに公表されていない事実があったのではないかとのさらなる疑いを引き起こしている。

F1アブダビGP後、マイケル・マシは、殺害予告や誹謗中傷を受けて心身に支障をきたしていたとし、カウンセラーに話すべきだったことを考えていることを明らかにしてる。

7月にFIAを完全に辞めたマイケル・マシは「すべてを処理するのに少し時間がかかった」とDaily Telegraph に語った。

「でも、結局のところ、家に帰ってサポートネットワークの近くにいることが最善だと思った」

「専門家に話をしには行かなかった。後から考えると、おそらくそうすべきだった。専門的な意味で誰かと話をするべきだった」

「でも、そうは言っても、私の周りには、毎日チェックしてくれる素晴らしい人々が何人かいた。私はそのサポートネットワークを持つことができてとても幸運だった」

「すべての経験が私をより強い人間にした。私はプロとしてのキャリアの中で最も長い休暇を過ごしたばかりで、その時間を家族や友人と再会するために使ってきた」

「また、身を粉にして働いているときには忘れてしまいがちなセルフメンテナンスをすべて行った」

「今後、多くのエキサイティングなオプションがある。私は、国内および世界の両方で、さまざまなプロジェクトを検討している」

「私の意図は、オーストラリアを拠点とし、これまでの信じられないほどの旅で得たすべてのスキルを使用することであり、非常に誇りに思い、感謝している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA