マイケル・マシ 「F1レースディレクターの仕事は喜びと名誉だった」
マイケル・マシは、FIA(国際自動車連盟)を去った後、F1レースディレクターの役割で仕事ができたことは「喜びと名誉」だったと語った。

2019年のF1オーストラリアGPの前夜にチャーリー・ホワイティングが急死したことを受け、マイケル・マシは、F1レースディレクターの仕事を与えられ、昨年のF1アブダビGPで物議を醸す運用をして2月にその役割を離れるまで、3シーズンに渡って務めてきた。

今年4月にマイケル・マシは、オーストラリアに戻ったが、FIAの従業員であり続けており、将来の役割については議論が続いていた。

FIAは火曜日に、マイケル・マシが組織を離れたことを確認した。

「2019年のメルボルンでのチャーリーの予期せぬ、そして悲劇的な死去以来、シングルシーターのスポーティングディレクターおよびFIAフォーミュラ1レースディレクターおよび安全代表としてFIAを代表することは喜びと名誉だった」とマイケル・マシは声明で述べた。

「任命前の10年以上、連盟とそのメンバークラブと一緒に世界中のさまざまなプロジェクトに取り組んできたが、今後は組織を離れてオーストラリアに戻り、家族や友人との距離を縮めることにした」

「さまざまなFIAメンバークラブ、F1グループ、競合者、プロモーター、サーキットオペレーター、そして、FIAの社内の同僚やチームと長年にわたってパートナーシップを築いてきたことを誇りに思う

「これまでの旅の中で築き上げてきたこれらの生涯にわたる関係と友情をずっと大切にしていく」

マイケル・マシは、副レースディレクターを務める機会を与えてくれたチャーリー・ホワイティングに感謝する中で、メインの仕事への昇進が計画よりもはるかに早く来たことを強調した。

「特に、2018年に私を将来の後継者として特定してくれたハービー・ブラッシュと故チャーリー・ホワイティングに永遠に感謝している。彼のショックな死の前、何年もの間チャーリーを見習い、学ぶことを楽しんだ」とマイケル・マシはコメント。

「また、元FIA会長のジャン・トッド、ステファノ・ドメニカリ、そして専任のFIAシングルシーターチームの在任中のサポートと指導に心から感謝している」

「競争者とオフィシャルの安全が常に私の最優先事項であり続けていたし、モータースポーツが世界中で毎日起こることを可能にする何万人もの献身的なボランティアと役員に感謝している」

「FIA会長のモハメド・ビン・スライイエムと彼の会長チームの任命以来の個人的なサポートに感謝する」

「この旅の間、特に過去数か月間、世界中の家族、友人、同僚の個人的なサポートは、圧倒的であり、永遠に大切にするものであるとしか言いようがない」

マイケル・マシは今後、どのようなキャリアを進めていくかまだ決定していないと理解されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA