FIA会長 「F1レースディレクターはAmazonで購入できるわけではない」
FIA(国際自動車連盟)の会長をっとメルモハメド・ビン・スライエムは、将来のF1レースディレクターは、正式にシリーズに参加する前に何年にもわたって「注意深く訓練」する必要があると語る。

モナコグランプリでは、レース開始までの長い遅延や、赤旗中に走行していないにも関わらずレースクロックが進められるなどの問題が発生し、レースコントロールに批判が集まった。

2021年の最終戦アブダビグランプリを巡る有名な論争の後、FIA内部のレビューが行われた結果、マイケル・マシはF1レースディレクターの役割を離れ、今シーズンは、ニールス・ウィティッチとエドゥアルド・フレイタスはF1レースディレクターを共有しています。

ニールス・ウィティッチとエドゥアルド・フレイタスが役割を分担する理由は、世界中を飛び回るF1の要求とレースディレクターの任務の範囲のなかで彼らのプレッシャーを軽減することにある。

FIAのモハメド・ビン・スライエム会長は、将来、このアプローチをFIA全体でより広範に行うことを望んでいるが、そうすることは当面のプロセスではないと述べた。

「それは私の役割から始まる。連盟はいずれか1人の人間に縛られることなくスポーツが成長し続けることができるように十分な広さを持っている必要がある」とモハメドビン・スライエムはSpeedweekに語った。

「我々の前には非常に多くのタスクがある。F1だけでも大きな挑戦だ。グランプリドライバーからレースコントロールの問題を処理するように依頼された」

「しかし、Googleで新しいレースディレクターを検索したり、Amazonで購入したりすることはできない。レースディレクターは注意深く、そして何年にもわたって訓練されなければならない」

「私はラリーでの自分の経験に立ち戻っている。たとえば、当時はコ・ドライバーのローテーションの原則があったので、コ・ドライバーがドロップアウトしても悪くはなかった」

「F1では、もっと多様化する必要がある。それがグランプリ会場でのレースコントロールをサポートするためにジュネーブにオペレーションセンターであるバーチャルレースコントロールを導入した理由の1つだった」

将来のF1レースディレクターの候補者として新進気鋭の34歳のロニー・ソガード・アンデルセンがいる。彼は「包括的なテスト」の結果、レースディレクターとして「国内および国際レベルで実証された知識と能力」を示したことでチャーリー・ホワイティング賞を与えられている。

チャーリー・ホワイティング賞の一部は、彼が将来的に上級職に昇格するために、来年にわたって世界中の確立されたレースディレクターから学ぶ機会が与えられる。

モハメド・ビン・スライエムは、アンデルセンなどの新しい候補者を訓練するために厳格なプロセスが実施されると主張する。

「将来のレースディレクターはジュネーブで訓練される」とFIA会長は語った。

「我々は、トレーニング、現在のレーススチュワードはより多くの練習をし、緊急時にはより多くの専門家を抱えるという、同時に3つの目標を達成している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA