F1:新型コロナの影響によりF1スーパーライセンスの基準を見直しへ
FIA(国際自動車連盟)は、新型コロナウイルスのパンデミックによってドライバーが不利にならないようスーパーライセンスのポイントシステムを見直している。

F1スーパーライセンスポイントは、ドライバーがF1に到達するまでにドライバーが下位カテゴリーでしっかりと経験を積むことを目的に導入された。これは主に未成年でヨーロッパF3選手権からF1にステップアップしたマックス・フェルスタッペンへの反応だった。

現在のルールでは、ドライバーはF1で運転する資格を得るために40ポイントを集める必要がある。

しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによって世界中の様々なレースシリーズが定期的なスケジュールで運用することができておらず、F1スーパーライセンスへの正しい道を進んでいた一部のドライバーが悪影響を受けている。

たとえば、レッドブルのジュニアドライバーであるユーリ・ヴィップスは、スーパーフォーミュラに参戦する予定だったが、日本に入国することができなかった。また、インディライツは2020年にキャンセルされ、マカオGPも中止が予定されている。

一方、FIA-F2およびF3のドライバーは、サポートプログラムの一環としてF1のスケジュールに従っているため、ほとんど影響を受けない。

したがって、FIAは“ジュニア競技からシングルシーターレースのトップレベルへの経路を支えるスーパーライセンスシステムが、公平な機会を競争者に提供し続けること確実にする”ためにスーパーライセンスシステムを見直すと声明で述べた。

「FIAスーパーライセンスワーキンググループが検討している措置は、様々なサーキットレーシングチーム、プロモーター、ドライバーと協議して、競争活動が再開したときに参加の奨励を具体的に対象とすることで、潜在的に脆弱なシリーズを保護することを目指している」

「また、世界中のCOVID-19によって提示される様々な脅威レベルが原因で異なる再起動時間によって引き起こされる可能性のあるシステムのあらゆる格差に対処する」

FIAシングルシーター委員会の会長であるステファノ・ドメニカリは「多くのサーキットレースシリーズは経済的な困難に直面しているが、当然、競技者はシーズンの欠落やレースの再開に関する不確実性の中でのレースへのコミットメントに懸念を抱いており、FIAのシングルシーター経路に沿った進歩に悪影響を与える可能性がある」

「FIAはこれらの懸念を認識しており、スーパーライセンスワーキンググループを通じて、競技者に公平性を与え、参加を奨励し、この困難な時期にシリーズがある程度の安定性を維持できるようにするソリューションを開発しているでシリーズ、チーム、競合他社を安心させたいと思っている」

FIAドライバーズコミッション会長のトム・クリステンセンは、「FIAは、絶え間なく変化するレーシングカレンダーをめぐってドライバー間に不安があり、スーパーライセンスポイントの採点における潜在的な不均衡がFIAのレーシングラダーのトップへの進行に悪影響を与える可能性があることを認識している」とコメント。

「ワーキンググループは、2020年にモータースポーツの状況が変化したことでドライバーが不利にならないように、ポイントシステムのバランスをとるために、シングルシーターの利害関係者と協議している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA