FIA、予算上限の引き下げを含む2021年のF1レギュレーション変更を承認
FIA世界モータースポーツ評議会は、F1世界選手権における2021年からの予算上限の引き下げを含めた、競技規則、技術規則、財政規則の変更案を承認した。

F1チームは、新型コロナウイルスの世界的大流行によって予想される影響からシリーズを保護するために、レギュレーション変更にいてF1およびFIA(国際自動車連盟)と協議を続けてきた。

2021年の最大の変更点の1つは、コスト削減の予算上限の導入となる。先週のF1チームの承認を受けた後、5月27日(水)に世界モータースポーツ評議会によるe投票により青信号が出された。

予算上限は、2021年に1シーズンあたり1億7,500万ドルから1億4,500万ドルに引き下げられ、2022年には1億4,000万ドルに削減された後、21戦のシーズンを基本に、2023年〜2025年の間で1億3,500万ドルまで引き下げられる。

2020年と2021年に予定されているシャシーのフリーズと連携して、F1チームは新しいトークンシステムを介して実行できるアップグレードの数も制限される。

また、シーズンごとのF1パワーユニットのアップグレードにも新たに制限が設けられ、2021年にドライバーが使用できる排気システムの数も制限される。

さらに2021年の潜在的なダウンフォース増加を減らすために、リアタイヤの前のフロアデザインに関連する技術規制にも変更が加えられた。

F1マシンの最小重量も2021年に増加し、746kgから749kgに増加する。

空力開発のための新しいハンディキャップシステムも2021年に導入され、コンストラクターズの上位チームの風洞時間を短縮するスライディングスケール運用される。これは、コスト削減を目指して、2020年から有効な空力開発テストとF1パワーユニットのベンチテストの全体的な削減に続くものとなる。

現状ではその内容については明確には伝えられていないが、コンストラクターズチャンピオンは割り当ての90%となり、順位ごとに2.5%が増加し、最下位のチーム、および新チームは112.5%を使用できる。将来的にこれらの数値はそれぞれ70%と115%にシフトするとされている。

レギュレーションは、“オープン”および“クローズド”のイベントを定義するように更新された。後者は、新型コロナウイルスパンデミックの結果として無観客でのレースイベントとなる。

クローズドイベントでは、レースごとにF1チームスタッフが80人に制限され、そのうち60人だけが車両の操作に関連付けられる。

2020年のタイヤ関連の規制も更新され、ピレリの新しいタイヤ仕様の承認に必要な場合は、フリープラクティス2による追加テストが可能になった。

FIAは、大規模なチームとカスタマーチームの間での譲渡可能な部品の概念的な価値を定義するために動き、コスト削減策としての実践をサポートし、大小のチーム間の“プロジェクトの切り替え”を防ぐ。

FIA会長のジャン・トッドは、G1の関係者が変更の承認に関与したことを感謝し、「F1とモータースポーツの持続可能性への大きな前進」と評価した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA