F1:新レギュレーションの導入を2022年まで延期することを決定
F1、FIA(国際自動車連盟)、および全10チームは、2021年に予定していた新しいF1レギュレーションの導入を2022年に1年延期することを全会一致で合意した。

F1チームは3月19日(木)にビデオ会議を実施し、新型コロナウイルスのパンデミックとそのF1への影響について議論。その場で現在のレギュレーションを2021年まで適用し、2021年に導入を予定していた技術規則を202年まで延期することが最善の行動方針であると判断した。

これにより、特に今年のレース数が減少してF1チームへの収入が減少する可能性がある場合、F1チームの経済的負担が軽減されることが期待されている。

「全関係者は、2020年のチャンピオンシップの現在の状況とCOVID-19パンデミックによって進行中の課題にスポーツがどのように反応するかについてさらに議論した」とFIAは声明で述べた。

「これにより、現在不安定な財政状況が生じているため、チームは2021年に2020シャーシを使用することで合意した」

「2021年に予定されている金融規制の導入と実装は進められ、FIA、F1、およびすべてのチームの間で、大幅なコスト削減を実現するさらなる方法について議論が続けられている」

「すべてのチームは、COVID-19に関する世界的な状況が進展するにつれて、2020年のカレンダーを再構築するための継続的な取り組みにおいて、FIAとフォーミュラ1への支持を表明している。これらのコミットメントはすべて、最終的な批准のために関連する管理体制に委ねられる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA / F1マシン