F1
FIAレースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1イタリアGPの予選でトウを得るための不必要なバックオフ戦順を採った場合にはペナルティを科す可能性があることをF1ドライバーに通達した。

前戦ベルギーGPの特に予選Q3では、ラップ開始のためにトウを得られるスペースを得るためにドライバーが列をなし、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは先行マシンが減速したために急ブレーキを余儀なくされた。

F1ベルギーGP後、マイケル・マシはこの問題について検討中であること明らかにしていた。

「スポーティングディレクターと議論しているのは確かだ。現時点では管理できることだと思っている」とマイケル・マシはコメント。

「現時点では、シーズン中に継続的に監視しているものであり、今後も検討していく」

F1イタリアGPが開催されるモンツァ・サーキットは、特にトウから大きなアドバンテージを得ることができるため、ドライバーはチームプレイを使うか、ライバルからトウを得るために駆け引きすることになるだろう。

金曜日の夕方のドライバーズブリーフィングで、マイケル・マシはスパの繰り返しを見たくなく、テレビでは“馬鹿げた”行為に見えるとドライバーに伝えたとされている。

マイケル・マシは、ドライバーが不必要にゆっくりと走行した場合、ペナルティを科すことができると述べた。実際、金曜日に行われたFIA F3では、多くのドライバーでパラボリカへのアプローチでスペースを見つけるために動き、15名のドライバーにペナルティが課せられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA