F1
F1とFIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1レギュレーションについての具体的なビジョンを明らかにした。

当初、2021年のF1レギュレーションについては6月に発表される予定だったが、詳細を明確化し、磨き上げるために最終期限を10月まで延期した。

最終期限に先立ち、F1のモータースポーツ担当ディレクターを務めるロス・ブラウン、最高技術責任者のパット・フライ、そいて、FIAのシングルシーター技術責任者のニコラス・トンバジスによって、新レギュレーションの4つの重要な柱と最終決定に先立って実行されるべき作業が発表された。

1.More raceable cars
2019年に導入された空力規制は、マシンの複雑な空力設計が後続車のダウンフォースを推定50%削減することを確認した2017年の規則変更によって引き起こされる問題を解決しようとするように設計される。

ニコラス・トンバジスによると、2019年に達成された改善は、2年後に見られる「グランドエフェクト(マシン下面によって生じるダウンフォース)」が生み出すダウンフォースとは比較にならないという。

「2021年マシンでは2台の車間距離で後続マシンのダウンフォースが(2017年の)約50%から約5~10%まで減少される。我々は後続マシンのダウンフォースの削減を大幅に削減する」とニコラス・トンバジスは語る。

しかし、乱された空気はさらには波及効果をもたらす。主なものは後続マシンのタイヤへの有害な効果となる。そのことを念頭に置いて、F11は2021年にタイヤを13インチから18インチ変更する。

「我々はピレリとかなり深い協議をしている。どのようにステップアップさせ、人々がレースを行えるポジションに持っていくかが重要だ。パフォーマンスが低下することはなく、タイヤをそれほど管理することを余儀なくされないようにすることが重要だ」とニコラス・トンバジスは語る。

「我々はこの2年間でピレリに完全に間違ったことを求めてきたと思う。高いデグラデーション目標を達成するのは不可能だ」とパット・シモンズは付け加えた。

・パット・シモンズが言うように、F1でピットストップは重要であり、ファンから評価されていることが認識されているので、ピレリが超硬質の“ルマンタイプの長持ちし続けるタイヤ”を製造する計画はない。

・タイヤウォーマーは2021年に非合法化されることが提案されている

2. More competitive grids
2019年のイギリスGPは間違いなく素晴らしいものだった。しかし、予選でのバルテリ・ボッタスのポールタイムが20番手のロバート・クビサより3秒以上早かったことは事実であり、ロス・ブラウンはそれがスポーツにとってはギャップが大きすぎると主張。現在の主な目的は、2021年にそれを約半分まで縮めることだ。

「現時点でレースに勝利できるチームは3つだけだ。今後2~3年の間にF1はより良い道を歩むだろう…本当に良い、適度に資金を供給されたチームは多くの問題を引き起こす可能性がある。それが我々が欲しいものだ。ミッドフィールドチームでシャルル・ルクレールまたはマックス・フェルスタッペンを得た場合、それは違いを生む可能性がある。現時点ではそうではない」とロス・ブラウンは語る。

これを達成するための計画の一部は、ブラウンが“非常に規範的”と説明する空気ルールを導入することだ。ロス・ブラウンはこれらの制約がF1チームのエアロダイナミクスを苛立たせるかもしれないことを理解している。

「疑いもなく。相対的にこれまで自由を得てきたチームはイライラすることになるだろう。しかし、これらの規制がすべての人にとって同じであり、『他の誰よりも優れた仕事をした場合、2秒も速くならず、0.2秒になる』というアプローチを取ることが、我々がフォーミュラ1に求めているものだ」

・マシンの一部の運転支援装置の撤去は10月に先んじて評価されている

・車からピットへのテレメトリの削減も検討中。

・レースエンジニアがそれらの問題を指導するのではなく、ドライバーがレース中のオーバーヒートやタイヤの摩耗などのマシンの問題を管理する上ではるかに顕著な役割を持つことが提案されている。

3.Cars that make you go ‘wow’
F11カーはシングルシーターエンジニアリングの頂点を表す必要があるが、基本的なものである必要がある。マシンはセクシーである必要がある。ラップタイムは重要だが、2021年のF1カーをファンの寝室の壁に飾ることも同様に重要だ。

「我々は最終プロダクトが審美的に楽しいものになることを目指している」とニコラス・トンバジスは語る。「情熱と“すごい要素”を促進するマシンになることを新しいF1の一部にしたい」

それを念頭に置いて、プロトタイプの2021年マシンの開発は明らかに現時点ではまだ先の段階だが、10月以前にいくつかの改良点が予定されている。

「我々はフロントウィングにまだ完全に満足していない。空気力学的な観点と審美的な観点の両方で。だから、我々は両方の面でそれをもう少し良くしようとしている。ウイングが空力的に非常に幅が広くなっていることには正当な理由があるが、それが審美的にベストな結果ではないことを私たち全員が理解している。そこについての作業が進行中だ」

そのためにF1ファン自身との協議をすることを予定しているという。

「これまで一度も行われたことはない。ファンがF1の何に興奮するを理解すること、そして見るのをやめたファン、見ていないファンとなぜ彼らは見ないのか、なぜ止めたのかを議論する。ファンはF1の方向性を決めるかなり大部分を占めていることになる

・FIAとF1は、自動車スタイリストと協力して、マシンの重要なデザイン機能を技術規制に変換する。

・ロス・ブラウンによれば、クルマとともにF1がレースするサーキットのタイプも分析され、ベトナムでの新しいレースは“F1を進むべき新しい哲学”の最初のテストになるだろう

4. A financially viable championship
FIAとF1は、2021年に予算の上限とより厳格な財務規制を課そうとしているだけでなく、チームがより少ないコストで簡単に競争できるようにしたいと考えている。

・標準化されたホイールリム
・標準ブレーキシステム
・油圧サスペンションシステムの禁止
・特定のエキゾチックな材料の使用に対する制限
・標準ラジエーター
・ギアボックスパラメータの凍結仕様
・全チーム用の標準ピット設備

上記のすべてが2021年のレギュレーションのために議論されているが、風洞で許される時間の短縮のようなあまり目に見えないものもまたF1が経済的になることを防ぐために役割を果たすことができる。

それに加えて、チームの規模を制限するためにコスト管理が実施されるように設定されており、大きなチームが優れたリソースで小さなチームを追い出すことを防ぐことを目標としている。

「それでも素晴らしいチームは素晴らしいチームになる。しかし、2人ではなく10人がプロジェクトに参加している場合に得られる限界的な利益において、それは5%以上のパフォーマンスをもたらす。彼らはもうそれをすることができなくなる。彼らはできない、あるいは、そうしたとしても、おそらくもっと良い利益を上げることができるかもしれない他の分野で負けることになるだろう」

・ドライバーの給与と少数のチーム人員の給与はコスト管理に含まれないことが提案されている。

・ロス・ブラウンによれば、マーケティング活動はおそらくコスト管理の下で制限されることはない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA