F1
FIA(国際自動車連盟)は、2021年のF1世界選手権で導入する新しいレギュレーションを提案。金曜日以降、チームがマシンへの作業ができなくなることなどが含まれた。

F1は、2021年によりエキサイティングで競争的なレースが展開され、ファンにとってより良い体験を提供するためにマシンレギュレーションを含めた様々な変更を計画している。

それに加えて、レース週末をよりコンパクなものにすることが計画されている。

木曜日のメディアセッションを廃止して、すべて金曜日に移動される。これにより、金曜日は午前中に記者会見、技術検査、午後に2回のプラクティスと忙しい一日になる。

また、金曜日の午前中の技術検査の後、チームはマシンに変更を加えることができなくなる。マシンが故障した場合、チームはまったく同じ仕様のパーツに交換する必要がある。

だが、この案にはチーム側から反対の声もあり、FIAと協議を進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA