F1 2019年のF1世界選手権
FIAは、2019年のF1カレンダーと技術規則および競技規則の変更を承認した。

10月12日(金)にパリでFIA 世界モータースポーツ評議会が開催され、2019年のF1スケジュールが確定。8月にリバティメディアが公表したドラフト版と変わらない21戦のスケジュールが発表された。

2019年のF1世界選手権は、今年と同じ21戦で争われる。3月17日にオーストラリアGPで開幕。12月1日にアブダビGPで最終戦を迎える。日本GPは10月13日に第17戦として鈴鹿サーキットで開催される。

また、F1ストラテジーグループとF1コミッションの承認を経て、後方視界を向上されるためのリアビューミラーとリアウイングの新しいポジションを含めたレギュレーション変更が承認された。

今年導入されたヘイロー(Halo)によって生じた視界の問題を補うために車載カメラの位置を変更。ヘイローのフェアリングにも小さな改良が加えられる。また、リアウイングのエンドプレートにはライトが追加される。

競技規則では、セーフティカー期間のルールを変更。“一定のポイント”を超えれば、セーフティカー後にドライバーがオーバーテイクできるようになる。以前はセーフティカーラインで追い抜きが許可されていた。

また、レース終了時には伝統的なチェッカーフラッグとともに、チェッカーライトパネルを導入。さらにい2020年のF1チームスタッフのカーフュー(夜間取締令)は8時間から9時間に増加する。

2019年 F1カレンダー
第1戦 3月17日 オーストラリア (メルボルン)
第2戦 3月31日 バーレーン (サヒール)
第3戦 4月14日 中国 (上海)
第4戦 4月28日 アゼルバイジャン (バクー)
第5戦 5月12日 スペイン (バルセロナ)
第6戦 5月26日 モナコ (モンテカルロ)
第7戦 6月9日 カナダ (モントリオール)
第8戦 6月23日 フランス (ルキャステレ)
第9戦 6月30日 オーストリア (シュピールベルク)
第10戦 7月14日 イギリス (シルバーストーン)
第11戦 7月28日 ドイツ (ホッケンハイム)
第12戦 8月4日 ハンガリー (ブダペスト)
第13戦 9月1日 ベルギー (スパ ・フランコルシャン)
第14戦 9月8日 イタリア (モンツァ)
第15戦 9月22日 シンガポール (マリーナ・ベイ)
第16戦 9月29日 ロシア (ソチ)
第17戦 10月13日 日本 (鈴鹿)
第18戦 10月27日 メキシコ (メキシコシティ)
第19戦 11月3日 アメリカ (オースティン)
第20戦 11月17日 ブラジル (サンパウロ)
第21戦 12月1日 アラブ首長国連邦 (アブダビ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA