F1 2018年のF1世界選手権 国際自動車連盟
F1ドライバーは、2018年のF1世界選手権から“生体計測グローブ”を着用することになるようだ。

昨年末、FIA(国際自動車連盟)が重大なクラッシュが発生した際にドライバーの心拍数や血中酸素濃度を計測するために、レーシンググローブの内側に縫い込む厚さ3mmのセンサーを開発していると報じられていた。

Sport Bild によると、来年まで義務化はされないものの、2018年の導入にむけてグローブの準備が整ったという。

FIAのセーフティディレクターであるローレン・メキースは「我々は、最先端の技術を用いてメディカルチーム、そして、F1ドライバーを助ける方法を検討していた」とコメント。

「ドライバーは、安全性を改善するこの動き非常に支持してくれている」

生体計測グローブがどのように役立つかについてローレン・メキースは「ドライバーが動いているのか、呼吸しているのかがわからない場合、かなり異なる意思決定をしてしまう可能性がある」と説明。

「例えば、ドライバーにアクセスするためにクルマを素早く動かくべきか?それとももっと慎重に回復を実施しなければならないか?といったことが挙げられる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA