F1 給油 復活
F1の2017年からの給油の復活について来週議論が行われる。

F1ストラテジーグループが、2017年にショーの改善に関する計画を発表した5月、給油の復活が議題に上がっていた。

ドライバーは給油の復活を支持していたが、その計画はチームによって反対され、その後、議論は打ち切られた。

しかし、FIA会長のジャン・トッドは、現在、給油の復活が再び議題になっていることを明かした。

2017年の給油復活の可能性について質問されたジャン・トッドは「そうだ、それは事実だ」とコメント。

「何かに疑問を持っている場合、個人的に正直に言えば私も疑問を持っているが、ワーキンググループの会議で給油がないことについて再び話し合うことのは正しいことではないか?」

「給油が禁止された理由がご存じだろう? 給油リグを輸送するためのコストだった。だが、今では、我々はどうすればうまくいくかをわかっている」

ジャン・トッドは、給油がコストを増加させることがその運命を決めるとの見方を退けた。

「我々が話しているのは年間5万ユーロ(約640万円)のことだ」

「それがショーにとって良いことなのであれば、私はコストを削減することに参戦だ。だが、それはF1の全体的なコストにおいては重要なポイントではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA