F1 アンセーフリリース
F1は、ピットストップからのアンセーフリリースへのペナルティを変更するよう動いている。

昨年のF1ドイツGPのピットレーンでマーク・ウェバー(レッドブル)のマシンから外れたホイールがカメラマンに直撃したことを受け、FIAはそのような事故に対する処罰を厳しくし、今シーズン開幕時から、チームが安全ではないリリースをしたと考えられるドライバーは、次戦で10グリッド降格ペナルティが科せられるようになっている。

今シーズン、アンセーフリリースによるペナルティを受けたダニエル・リカルドとエステバン・グティエレスは、ドライバーの管理外のことでそれほど厳しいペナルティが科せられることに対して不満を述べていた。

この件は、ドライバーズブリーフィングで議題に上げられたとみられており、チームのミスで罪のないドライバーがそのような厳しい制裁の犠牲者にならないようペナルティを変更する動きが進められたとされている。

変更するという案は、チームとも協議されて支持されており、今後数週間でレギュレーションの変更が提案されるとみられている。

レギュレーションの変更には、チームの満場一致が必要であり、その後FIA世界モータースポーツ評議会の評決にかけられる。

FIAの情報筋によると、チームが夏休みから戻る前に状況をはっきりさせることを望んでいるという。

「変更の現実的な目標はベルギーGP前だ」

オーストリアGPでのザウバーのアンセーフリリースにより、次戦F1ドイツGPでグリッド降格ペナルティを科せられたエステバン・グティエレスは、現在の状況はドライバーにとって受け入れがたいものだと述べた。

「厳しすぎると思う。僕たちのケースでは、ホイールがクルマから外れてさえいなかったからね」とエステバン・グティエレスは述べた。

「すぐにそれを感じてストップしたし、僕たちがしたことはかなり安全だった。僕たちは問題にうまく対処した」

「5秒ストップ&ゴーのために戻ってすでにタイムを失っているのに、次のレースで10グリッドも後ろになる。あまりに厳しい」

「シーズン序盤にはダニエル(リカルド)にも起こったし、修正されなければならないと思う。ドライバーとしては、それは自分のミスではないし、それにおって10グリッド降格になるのは厳しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA