F1
F1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、走っているクルマがいなくなった場合はレースを中止すると述べた。

新しいV6エンジンが導入された今年のプレシーズンテストでは多くのマシンがトラブルに悩まされており、今週末の開幕戦F1オーストラリアGPでは全車がリタイアする可能性もあると考えられている。

「まず第一に、私はあり得ないような多くの終末のシナリオを考えていると言いたい。F1チーム、彼らが実際にどれくらい効率的であるかはわかっている」とチャーリー・ホワイティングはコメント。

「だが、まったくクルマが走っていない状況になった場合、我々は単純にレースを中止にするだろう。それ以上のことはあるかい? 真剣な話、それが唯一の選択肢だと思う。レースをリスタートできない場合、規約が述べているように、結果はレースがストップしたラップの一周前で宣言されるだろう。その時走っていた者が勝者だ」

理論的にレースは2時間まで続くことができるが、チャーリー・ホワイティングは、誰かがクルマを修理し、再び現れるかもしれない可能性がなくなるまで時計を止めることは許さないだろうと述べた。

「我々が待つとは思わない。もうレースができないことが明らかになった場合、トラックにクルマがいないので、我々はレースを中止すると思う。実際、それ以外にやれることはないだろう。規約によって予見されていることではないし、もちろん、我々はそうならないことを願っている」

だが、チャーリー・ホワイティングは、摩擦が高ければ、通常であればリタイアしたかもしれないクルマが、修理して再び現れることができることに同意すると述べた。

「実際にそれについて話すべきだとは思っていないし、ありそうもないことだと強調したい。チームのプロフェッションリズムを知っているからね! だが、彼らが蠅のように落ち始めたら、彼らはストップしたと考えると思う。もちろん、公式にリタイアしなければならないわけではないので、彼らは再び戻ることができる」

もちろん、順位がつき、ポイントを獲得するには、チェッカーの90%を完了して完走扱いとならなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA