可変リアウイング
FIAは、プラクティスや予選がウェットコンディションの場合に可変リアウイングを禁止することを決定した。

すでに可変リアウイングは、ウェットでコンディションや視界があまりに悪い場合では使用が禁止されているが、FIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングは、ウェットコンディションでの可変リアウイングの使用をさらに規制することをチーム側に伝えた。

オーストラリアGPの金曜フリー走行前にチームに配布された文章によると「昨日のチームマネージャー会議で議論した結果、マシンがインターミディエイトまたはウェットウェザータイヤを装着している場合、安全性の理由のためプラクティスセッション(予選を含む)においてテクニカルレギュレーション3.18条で許可されていたドライバー可変ボディーワークを操作できないことを確実にしたい」

「マシンがインターミディエイトもしくはウェットウェザータイヤを装着している間に可変ボディワークを使用したドライバーは、テクニカルレギュレーション2.3条(危険の解釈)に違反したとしてスチュワードに報告される」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: FIA