フェラーリF1代表 「レッドブルに劣っているのはタイヤデグラデーション」
フェラーリF1のチーム代表であるマッティア ビノットは、現在、レッドブルに対してレーストリムで劣っている主な理由として、タイヤデグラデーションを強調した。

マックス・フェルスタッペンは過去5レースを支配してきたが、特定のグランプリではグリッドの後方からスタートした。シャルル・ルクレールが完全なペースでポールポジションを獲得したにもかかわらず、前戦イタリアGPでは4列目からオーバーテイクして快適な勝利を収めている。

フェラーリ F1-75は、一発の速さでは少なくともレッドブル RB18と同程度のスピードを維持しているが、レースディスタンス全体でマックス・フェルスタッペンと競争することができていない。

フェラーリの両ドライバーは、マックス・フェルスタッペンに追いつくために最善を尽くしてはいるものの、マックス・フェルスタッペンとレッドブルはライバルよりも優位に立っている。

フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、その重要な部分としてタイヤを特定し、タイヤデグラデーションにより、スティント中にタイヤのペースがより早く低下してしまい、マックス・フェルスタッペンの追撃を可能にしたと説明した。

これは、フェラーリが試行錯誤している優先分野だが、マックス・ビノットは今シーズンはそうは実現しないかもしれないと認める。

「前の2レースだけでなく、ハンガリーも含めた最後の3レースも振り返るべきだと思う」とマッティア・ビノットは語った。

「最近のレースでは、レッドブルのパフォーマンスは我々のパフォーマンスよりも優れていたと思う。予選ではそうではない。予選ではまだ我々は良いペースが得られている。純粋なパフォーマンスはまだそこにあると言える」

「しかしレースペースでは、タイヤデグラデーションに苦しんでいる。その点で、レッドブルの方が優れたクルマだと思うし、彼らは我々よりもバランスのとれたクルマを開発することができた」

「理由? 我々はそれに対処する必要があるし、そこが我々が見ているものだと思う。今シーズンでなくても、間違いなく次のシーズンに向けてね」

マッティア・ビノットは、この問題についてさらに説明し、レッドブルはさまざまなコーナー構成と速度域でタイヤをより良い作動ウィンドウに保つことに成功していると信じているが、フェラーリは車を適切な場所に配置するのに苦労していると語る。

「過去のレースを振り返ってみると、タイヤデグラデーションに関してはベストではなかったが、クルマのバランスに問題があったのは確かだ」とマッティア・ビノットは語った。

「中高速コーナーから低速コーナーまでオープンバランスにすることで、タイヤ自体にオーバーヒートが発生し、それがどういうわけかデグラデーションを引き起こしている。したがって、マシンのバランスが適切ではなかったことはわかっている」

「クルマのバランスが悪かったのは、エアロの開発が原因だった。そこは我々にとって疑問符だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ