フェラーリ、2023年にル・マン復活のLMD車両をシェイクダウン
フェラーリは、2023年に世界耐久選手権に50年ぶりにファクトリーとして復帰するLMDH車両をフィオラノのテストトラックでシェイクダウンした。

SNSに投稿されたスパイショットでは、長年のフェラーリドライバーであるアレッサンドロ・ピエール・グイディがカモフラージュされた新しいハイパーカーのステアリングを握っている。

四輪駆動のLMDhプロトタイプは、午前中にアレッサンドロ・ピエール・グイディの手で一連のインラップとアウトラップを完了。残りの時間も走り続けることが期待されている。

また、フェラーリは車の最初の公式画像をリリース。窓に反射した車を表示している。

フェラーリのスポーツカーのボスであるアントネッロ・コレッタは、車の「アンベイル」について次のように述べた。

「このプロジェクトに携わった人々とフェラーリファンの両方が待ち望んでいた非常にエキサイティングな瞬間だ」とHead of Ferrari Attività Sportive GTのアントネッロ・コレッタは語った。

「何ヶ月にもわたる作業、計画、シミュレーションの結果に触れることができることで、我々は新しいエネルギーとモチベーションを得ることができる。我々は、我々が達成したことを誇りに思っており、テスト中のLMHのマスキングは車のボリュームとスタイリングを隠しているが、それは間違いなくフェラーリとして認識できると思う」

ル・マン24時間レースの100周年記念エディションへの参加で最高潮に達する世界耐久選手権のトップクラスへの復帰への道は、公式のフェラーリのコンペティツィオーニGTのドライバーによって実施される集中的な開発プログラムを継続していく。

スパイショットでは、フェラーリが独特のリアウィングセットアップで車への入力をスタイリングできるルールブックを利用していることを示している。

フェラーリのスポークスマンは、アレッサンドロ・ピエール・グイディが最初に新車を運転したことと、ロールアウトの簡単な詳細を確認した。

「このプログラムは、シェイクダウンのための標準でした。1周してからボックスに戻ってすべてをチェックしています」

「車はサーキットよりもボックスに入っていることが多かったですが、これは最初のテストではごく普通のことです」

彼は、テストが今月適切なレースサーキットに移ることを明らかにした。

「今月、非常に集中的な開発プログラムを開始します。ロジスティック的に簡単なので、ヨーロッパの多くのトラックを訪れるつもりです」

フェラーリは、LMHの初期テストが、ジェームス・カラド、ニクラス・ニールセン、アントニオ・フォコを含む既存のGTロスターのメンバーによって行われることを発表した。

フェラーリ LMD

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ル・マン24時間レース / WEC (FIA世界耐久選手権)