元F1王者ニコ・ロズベルグ 「フェラーリF1にはもう失うものは何もない」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、レッドブルに追いつくことに苦労しているスクーデリア・フェラーリは「もう失うものは何もない」領域に達したと語る。

2022年シーズンの最初の3レースの後、スクーデリア・フェラーリは、F1のトップに返り咲いただけでなく、レッドブル以外のすべてのチームを引き離しているように見えた。

しかし数ヶ月後、車の故障とチームの悪い戦略判断の組み合わせにより、スクーデリア・フェラーリとシャルル・ルクレールは、両方のチャンピオンシップでレッドブルに大きく遅れをとっている。

チャンピオンシップは過去6レースで優勝したマックス・フェルスタッペンに確実に傾いているが、2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、それがスクーデリア・フェラーリのプレッシャーの一部を取り除いたと主張する。

「もう失うものは何もない」とニコ・ロズベルグはSky SportsのAny Driven Mondayに語った。

「したがって、あと努力して、何を最大化できるかを見るだけだ。もちろん、彼らは信頼性の問題を乗り越える必要があるが、プレッシャーは今や少し落ち着いている」

「つまり、最初の数レースの後、彼らは優勝候補だったが、今でははるかに遅れている。だから、失うものは何もない。努力あるのみだ。プッシュしなければならない。彼らが何ができるか見てみよう」

また、レッドブルとフェラーリのどちらの車を運転したいかを質問されたニコ・ロズベルグは「間違いなくレッドブルだ」と元メルセデスのF1ドライバーは語った。

「実際にはそれほど簡単な質問ではないかもしれないけど、感覚的にレッドブルだ。最近ではレッドブルではなく、フェラーリが壊れている。彼らはある意味で状況を解決した」

また、ニコ・ロズベルグは、カルロス・サインツをかなり酷評しており、ワールドチャンピオンの資質はないと語った。

「サインツは、フェラーリ内で優れた、まともなドライバーになる資質を持っている」とニコ・ロズベルグは語った。

「しかし、現時点では、彼はワールドチャンピオンになるための資質を持っていない」

「(シャルル)ルクレールは今年のすべてのレースでパフォーマンスで彼を追い抜いてきた」

「したがって、彼はまだルクレールと平等な関係にあるためにかなりの進歩を見つける必要がある、彼はまだそこから離れている」

「去年はかなり驚いたが、もちろん車は全然違うので、乗り越えるのにもっと時間がかかるかもしれない」

スクーデリア・フェラーリ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / ニコ・ロズベルグ