フェラーリF1、新型PUはスプリットターボ方式を見送って燃焼技術に焦点
フェラーリF1のパワーユニット責任者を務めるエンリコ・グアルティエーリは、差し迫ったF1エンジン開発の凍結により、2022年F1パワーユニットでいくつか“大胆な設計ソリューション”を生み出すことを余儀なくされたと語る。

エンリコ・グアルティエーリは、2022年仕様のフェラーリのF1パワーユニットを「車両の設置、レイアウト、および多くの内部部品の点で極端な、型破りなプロジェクト」と説明する。

2022年シーズン中に、F1パワーユニットは、次世代F1エンジンの導入に先立って、2025年の終わりまで仕様がホモロゲートされ凍結される。

これは、エンジン、ターボチャージャー、MGU-H、エンジン排気システム、燃料およびエンジンオイルが3月1日に認定され、MGU-K、エネルギー貯蔵および制御電子機器が9月1日に承認されるという2つのフェーズで行われる。

これらの迫り来る締め切りが設計プロセスに与える影響について質問されたエンリコ・グアルティエーリは、開発時間の最大化とリスクの両方の観点から、フェラーリに積極的なアプローチをとらせたことを確認した。

「それは確かに影響を与えました」とエンリコ・グアルティエーリは語った。

「過去数年と比較して、かなりの時間制限、特に今後の凍結を考えると、それは我々にさらに大胆な設計ソリューションを求めるように刺激し、さらには強制した」

「我々はすべてのプログラムを絶対的な限界まで引き上げなければならなかった。我々は、最後の瞬間まで、すべての可能な進化のためにドアを開いたままにしておかなければならなかった」

「我々はが必要なすべてのリスクを冒さなければならなかったのは確かだ。すでに時速1000マイルで進んでいる世界で開発をさらにスピードアップする必要があった」

これにより、エンリコ・グアルティエーリが「近年」と表現しているものよりも多くの新しいコンポーネントを備えた新しいエンジンが生まれた。これは、通常の進化のステップ以上のものを示している。

「このパワーユニットには、新しく革新的なものがたくさんある」とエンリコ・グアルティエーリは語る。

「前のシーズンと比較した内燃機関の新しいコンポーネントの割合は、近年の最も高いものの1つであると言えば十分だろう」

「コンテンツだけでなく、アーキテクチャ、車両の流通、レイアウト全般に関しても革新がある」

「これまでと比較して、さまざまなソリューションを検討して採用する必要があった。これは特定の環境では、続的に革新的なものだと思う」

F1エンジンの凍結は、違法性を指摘されて2020年に発生したパワーユニットのパフォーマンスへの打撃から回復していることを考えると、フェラーリにとって特に重要なランドマークだ。

フェラーリは2021年に勇気づけられる一歩を踏み出し、ホンダとメルセデスに次ぐ3番目に強力なエンジンメーカーとしての地位を確立した。シーズンの最後の3分の1に400ボルトから800ボルトのシステムにそれを増加させた新しいエネルギーストアを備えた重要なハイブリッドアップグレードの導入も重要なステップだった。

そのハイブリッドアップグレードは大部分が引き継がれているが、2022年にはいくつかの変更が加えらした。これは、昨年の終盤にフェラーリが蓄積したオントラックデータによって推進された。しかし、焦点となる主な領域は、パワーユニットの他の側面、特にV6自体とターボチャージャーだ。

The Raceは、フェラーリが2014年にメルセデスによって開拓され、その後ホンダによって採用され、今年ルノーによって導入される予定のスプリットターボコンセプトを採用していないと報じている。コンセプトは評価されたたが、代わりに革新的な燃焼技術に基づく変更を選択し、大幅な向上をもたらした。

「内燃エンジンとターボチャージャーは、シーズン開始時の2022年パワーユニットの重要な要素だ」とエンリコ・グアルティエーリと述べた。

「ハイブリッドシステムは、昨シーズンの終わりに我々がコースに出した進化のもう1つのステップだ」

「電子機器も大幅に変更する必要があり、まったく新しいマシンコンセプトと昨年とは大きく異なるエンジンのニーズに適応する必要があった」

「これは、我々の開発パスの3番目のステップを表している。最初のステージは昨シーズンの初めのエンジンで、2番目のステージはハイブリッドシステムの進化であり、2021年の終わりにコースに乗せられた。」

もう1つの課題は、燃料中のバイオコンポーネントを5.75%から10%に増やすことを要求する規制の変更だ。今年使用されるE10燃料は、10%の再生可能エタノールを含まなければならず、これはすべてのエンジンメーカーに重大な課題をもたらした。

エンリコ・グアルティエーリは、変更による20馬力のパフォーマンス低下について言及した。これは、他のメーカーが示していることと一致している。

「10%エタノール制限の導入により、使用が許可されているガソリンのエネルギー含有量が減少する」とエンリコ・グアルティエーリは説明する。

「したがって、エンジン出力と排気ガスからのエネルギー回収の両方の観点から、パフォーマンスに影響を与える」

「エタノールが必ずしも燃焼に悪影響を与えるとは限らないが、適切なエンジン設計で適切に活用する必要があるいくつかの特性があることも事実だ」

「しかし、最終的には20馬力のオーダーのパフォーマンス低下が発生する。しかし、燃料にエタノールを導入することの技術的影響は、当社の製品の極端な性質を考えると、パフォーマンスの側面だけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン