フェラーリF1、ジャン・トッドの復帰に会長が反対との報道
フェラーリF1は、約20年前にチームを成功に導いたジャン・トッドが復帰する可能性を否定している。

ジャン・トッドは、1993年にフェラーリに入社し、ミハエル・シューマッハの契約に重要な役割を果たした。シューマッハは1996年にジャン・トッドとロス・ブラウンに導かれてフェラーリF1に加わり、2000年から2004年まで5年連続でタイトル獲得という前例のない成功を収めた。

ミハエル・シューマッハの2004年のチャンピオンシップタイトルは彼の通算7回目であり、フェラーリは記録的なドライバーを雇うことのメリットを享受してきた。

ミハエル・シューマッハは、2006年にフェルナンド・アロンソに王座を奪われ、2年後にジャン・トッドとともにチームを去った。

1年後、ジャン・トッドはモータースポーツの統治機関であるFIAの会長に選出され、昨年12月にFIA会長までその役割を停めた。退任後、ほぼ即座にフェラーリF1への復帰の噂が浮上した。

しかし、それは実現しないようだ。

「フェラーリのジョン・エルカーン会長は、FIA元会長のジャン・トッドを再雇用することに反対したと報じられている」とマーク・ヒューズはMotorsportmagazine.comに書いた。

ジャン・トッドは、フェラーリの事業部分とF1部門の間の架け橋を形成する“スーパーコンサルタント”の役割が想定されていた。当初、それはジョン・エルカーンとチームプリンシパルのマッティア・ビノットの両方に支持されていました。

「しかし、企業レベルで議論された後、エルカーンは考えを変えたと伝えられており、75歳のトッドは彼が興味がある他のプロジェクトに時間を費やすことができる」

ジャン・トッドの署名は、モータースポーツのトップの仕事であるFIA会長職からの最近の離脱を考えると、物議を醸すだろう。

先月、フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、ジャン・トッドの噂について尋ねられたが、明確な回答はしなかった。

「私が言えることは、これまでのところ、それは単なる憶測に過ぎないということだ」とマッティア・ビノットは昨年12月に語った。

「個人的に私はジャン・トッドと一緒に仕事をしていた。彼は私の上司であり、私は彼から多くを学んだと思う」。

「彼と一緒に仕事ができて光栄だった。マティアとして、そしてチームとして、まだ学ぶことがたくさんあると私は信じているので、将来どうなるにしても、彼と一緒に仕事をすることは私にとって名誉なことだと思う」

フェラーリは、まだ正式に噂を否定してはいない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ