フェラーリF1首脳 「2022年は予算上限でアップデートが制限される」
フェラーリF1のスポーティングディレクターを務めるローラン・メキーズは、2022年のF1の予算上限の引き下げは、シーズン中の開発プログラムを制限する可能性が高いと語る。

2021年、F1チームは、まったく新しい2022仕様のF1マシンの開発にリソースが割り当てられたため、シーズン中のアップデート率を制限された。しかし、今年は、過去2年と比較してF1マシンは速いペースで進化する一方で、F1チームは、500万ドル(約5億6000万円)引き下げられた1億4000万ドル(約15億9000万円)の予算上限でやり繰りする必要がある。

「2021年は我々にとってほぼゼロか少なくともごくわずかだったので比較することはできないが、2019年、2018年を振り返れば、少なくなると思う」とローラン・メキーズは語る。

「2018年、2019年には、ビッグチームでは、ほぼすべてのレースで何らかの物を持ち込んでいた」

「我々の観点からは、制約によって多数の更新を行うことは難しいように思える」

ローラン・メキーズは、各部門に適切な金額の資金が割り当てられているため、開発コストの観点からその予算を慎重に管理することは困難なバランスを取ることになると考えている。

「ますます多くを学ぶことになるので、年間に開発するための予算をキープする必要があるし、調整する方法が必要となってくる。これが最大の挑戦だ」とローラン・メキーズは説明した。

「一体、空力開発用、メカニカル開発用の枠を定義したら、各部門に行く。空力は『OK、それだけあれば2~3つの開発ができる』と言うだろう。そして、それを供給するためにすべての計画を再スケジュールする」

「事実上、それが我々が今していることだ。それがどれほどの挑戦であるかは、他の人との競争力のレベルに依存する」

しかし、ローラン・メキーズは、プレシーズンテストでF1マシンの設計に特定の欠陥が発見された場合、または相関関係の問題が発生した場合、それはチームの計画された予算配分を損なう可能性があると警告している

「シーズン初めに大きな問題があったり、相関関係がない場合、パッケージ2またはパッケージ3のお金の一部を投資することになるかもしれない」とローラン・メキーズは科tる。

「とにかく今それを修正する必要があるので、それらのパーツはゴミ箱に捨てることになる。それが対処方法だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン