フェラーリF1、2022年F1マシンがクラッシュテストに合格との報道
フェラーリF1は、2022年F1マシンのクラッシュテストを無事に合格し、シャシーがホモロゲートされたと報じられている。

大幅なレギュレーション変更が導入され、まったく新しい次世代F1マシンでスタートする2022年は、F1チームにとって勢力図を変える大きなチャンスだと捉えられている。

フェラーリF1は、このレギュレーション変更が勝利とタイトル獲得へのチケットになることを望んでおり、2021年はコンストラクターズ選手権3位という好成績を収めたものの、チームの焦点は2022年に置かれた。

2022年に向けて最初に通過しなければならないハードルは、シャシーのホモロゲーションだが、イタリアのMotorsportの報道によると、フェラーリF1の2022年F1マシンはこの目標を達成したようだ。

「フェラーリは赤い2022年マシンのシャシーをホモロゲートした」

「跳ね馬のシングルシーターは正面衝突テストも見事に合格した。これは、FIAの技術コミッショナーが、2月23日から25日にバルセロナで開催されるウインターテストでトラックを走行することを許可したことを意味する」

「いつものように、フェラーリは国際競技連盟によって認証されているボッラーテCSIセンターで動的テストを実施した」

報道によると、フェラーリF1は、新しいレギュレーションでの開発の制約を理解するために2019年後半にクラッシュ試験を実施していたと付け加えた。そして、テストの間にフェラーリの2022年F1マシンはかなりの変貌を遂げたという。

「収集されたデータは、2022年マシンの設計上の制約を設定するのに非常に役立った。その間に、エンリコ・カーディル(フェラーリの空力チーフ)とエアロダイナミストのデビッド・サンチェスが率いるスタッフによって、フロントエンドを含めて大幅に改訂されまた」

フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2022年F1シーズンに向けてのフェラーリF1の期待について「当然ながら、メルセデスとレッドブルが過去数年間に我々が目にしたマシンを開発できたのは、それは彼らが時間の経過とともに洗練されたツール、方法論、計算、シミュレーション、その他の確実性を持っていることを意味するとコメント。

「したがって、今日、メルセデスとレッドブルに勝つと言うのはおこがましいことだと思う。正しいアプローチは、勝ちたいという目標を設定することだと思う」

「何レース勝ちたいか? 出来る限り多く勝ちたい。フェラーリとして我々は常にベストを目指す必要があると言うときはそれが事実だ。期待を裏切るよなシーズンのスタートは望んでいない。内部で言っているのは、できるだけ多くのレースに勝ちたいということだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン