フェラーリF1、2022年F1マシンを2月中旬にお披露目
フェラーリF1は、2022年F1マシンをバルセロナでプレシーズンテストが開始される直前の2月中旬に披露する予定であることを明らかにした。

F1は、2022年により多くのホイール・トゥ・ホイールのレースやオーバーテイクを容易にすることを目的として、マシンの空力面で焦点を当てたレギュレーションの大幅な変更を行う。

フェラーリF1は、今シーズンの早くから2022年F1マシンの開発に焦点を当てていることを明らかにしている。それでも、5回の表彰台と2回のポールポジションを獲得してランキング3位でシーズンを終了。40年間で最悪のシーズンから挽回した。

フェラーリF1は、毎年恒例の年末のクリスマスメディアイベントを開催し、チーム代表のマッティア・ビノットが2022年F1マシンについて最初の詳細を提供。2月中旬に発表する計画であることを明らかにした。

「マシンは2月中旬に発表される」とマッティア・ビノットは言いました。

「日付はまだ決まっていない。2月16日から18日になると思うが、今後数週間で確定する予定だ」

マッティア・ビノットは、フェラーリF1はまだ2022年の新車の名前を決定していないが、設計と開発においてすべてが「計画通りに」進んでいると付け加えた。

「我々は他の人や競合他社に対するリファレンスがないことを分かっている」とマッティア・ビノットは語った。

「それが最も難しい問題だ。他の人たちと何が起こっているのかについてのガイドはない。だが、自分たちが目標を達成しており、計画が進んでいることを知ることが私にとって重要だ」

「レギュレーションの変更は大きなチャンスであり、我々にとってチャンスでもある」

「2021年以降、予算上限があるが、来年はさらに制限が厳しくなる。これも大きな課題だ。しかし、そのすべてにおいて、チームはよく組織されており、私としては、力強く働いていると言わざるを得ない」

2022年のフェラーリF1ですでに確認されている変更の1つは、長年のパートナーであるフィリップモリスインターナショナルが実施するキャンペーンであるMission Winnowとのタイトルスポンサー契約の終了だ。

フェラーリは、今年のある時点まで「スクーデリア・フェラーリ・ミッションウィノウ」としてレースを行い、グリーンのミッション・ウィノウのブランディングを施してきたが、2022年シーズンの最新のエントリーリストに『スクーデリア・フェラーリ』としてのみリストされている。

以前、マッティア・ビノットは、ミッション・ウィノウがフェラーリのタイトルスポンサーとして継続する可能性は低いと述べ、フィリップモリスとのパートナーシップが今後どのようになるかについて話し合いが続いていると述べた。

「我々は彼らと協力し、彼らをパートナーとして維持する機会がたくさんあると思う」とマッティア・ビノットは語った。

「現在、テーブルにはオプションがあるが、まだ話し合っている。彼らが強力なパートナーとして変わらないことを願っている」

「しかし、それはさらに数日と数週間かかるだろう。現時点では、発表できることはあまりない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1マシン