フェラーリF1、ランキング3位争いで打倒マクラーレンが「明確な目標」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のコンストラクターズ選手権でマクラーレンを倒して3位を獲得するという“明確な目標”を設定してチームを鼓舞していると語る。

前戦F1トルコGPでは、フェラーリがライバルであるマクラーレンを上回ったが、今週末のF1アメリカGPに向けてまだマクラーレンが7.5ポイントのリードでランキング3位を維持している。

フェラーリF1は、最近のレースでパフォーマンスを向上させており、ランキング3位を目指したマクラーレンとの戦いは激化している。

マッティア・ビノットは、2021年にランキング3位を達成することは必須だとチームに伝え、その目標がチームのエネルギーを推進していると語る。

「それが我々がすでにチームに伝えた目標なのは確かだ」とマッティア・ビノットは語った。

「誰もがそのために仕事をしている。3位でフィニッシュするのは素晴らしいことだ」

「今シーズンの終わりまでに明確な目標を持って仕事をすることは、我々にとってさらに重要だ。プレッシャーの下で働き、その訓練にもなるからね」

「したがって、我々の目標はシーズンの終わりに3位でフィニッシュすることだ」

F1ロシアGPで、フェラーリF1は満を持して2022年のF1パワーユニットに搭載される新しいハイブリッドシステムを投入した。

シャルル・ルクレールはソチでのわずかなゲインについて話していたが、トルコで新しいコンポーネントを受け取ったカルロス・サインツは、アップグレードが2021年シーズンの最終レグでフェラーリがマクラーレンに対して「小さな優位性」を構築するのに役立つ、チャンピオンシップでP3へのチャージに役立つことを期待している。

「(トルコでは)マクラーレンよりも速かった」とカルロス・サインツはコメントした。

「ソチでは、彼らの方が僕たちよりも速かった。だから、シーズン終了までまだ上下すると思う」

「このエンジンが僕たちに与えるものによって、僕たちが彼らの後ろにもう少し近づけるサーキットもあれば、僕たちが前にいるサーキットでは、おそらくもう少し上位にいるサーキットがある可能性があると思う」

「これは、アップグレードを推進して以来、僕たちが求めていたものであり、戦いをもう少し複雑にするための小さな優位性を僕たちに与えてくれることを願っている」

「(トルコでは)なんとか10ポイントを縮めることができたし、これは僕たちが戦っているポイントではかなり大きな削減だ」

「僕たちは戦っているし、残りは6レースだけど、どんなことも起こり得る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / マクラーレン