フェラーリF1 「アップグレード版エンジンの導入はリスクだった」
フェラーリF1は、最近のレースでアップグレードされたF1エンジンを導入することにはいくつかのリスクがあったと認めるが、現在、その利点は疑いの余地のないものとなったと語る。

フェラーリF1は、今シーズン後半まで新しいハイブリッドシステムの導入を見送り、2022年にエンジンが凍結されるまで開発時間を最大化することを選んだ。

そして、F1ロシアGPで、フェラーリF1は、シャルル・ルクレールにアップグレード版のF1パワーユニットを投入することにゴーサインを出した。その結果、ルクレールはPU交換ペナルティによって最後尾スタートを余儀なくされた。

続く、F1トルコGPでは、カルロス・サインツにも新型パワーユニットが投入され、最後尾から8位まで挽回。シャルル・ルクレールも最終的には4位でフィニッシュしたものの、表彰台を争った。パフォーマンスの向上は明らかであり、それはマクラーレンとのコンストラクターズ選手権3位争いの後押しとなっている。

だが、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、現在手に入れた追加のパワーは、元々は2022年の演習型学習の二次的な結果だとし、実際、シーズン終了まで待たずに、できるだけ早くエンジンの使用をプッシュすることにはリスクの要素があったと語る。

「我々がソチでそれを導入したのは、2022年を考慮して、経験を増やすことが最初の目的だった」とマッティ・ビノットは説明した。

「そらが我々はできるだけ早くそれを導入した理由だ。急ぐことは、いくつかのリスクも冒すことでもある。だが、それはすべてリスク評価だ」

「当然、我々にとって、コース上でマイレージを重ね、パワーユニットが凍結される2022年までに経験を積むことが重要なのは明らかだった。我々にとって、それが鍵であり、理由だった」

フェラーリとマクラーレンの戦いは拮抗しており、残り6戦でわずか7.5ポイント差となっている。ベスト・オブ・ザ・レストを争う上で、追加のパフォーマンスは重要になる可能性がある。

マッティア・ビノットは、新しいエンジンによるパワーブーストはそれほど大きなものではないが、間違いなく価値があるものだと語った。

「それは我々に小さな利点を与えているが、トラックに依存するので、ラップタイムでそれを定量化したくはない」とマッティア・ビノットは語った。

「純粋なICEのパワーだけでなく、エネルギー回生も関連するものなので、少し複雑だ。だが、それが私たちに利点を与えているのは確かだ」

「シャルルの予選を見ても、彼は4番手タイムを出した。そして、彼の後ろを見ると、タイム差は非常に僅差だった。あの仕様がなければ、いくつかのポジションを落としていたと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ