フェラーリF1代表 「ミスに対処するための特効薬はない」
F1モナコGPでシャルル・ルクレールがスタートできなかったことは、フェラーリF1チームの最新の運営ミスだったが、チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、チームには非難をしないという文化があると主張する。。

マッティア・ビノットにとって困難のひとつは、2021年に競争力のあるF1マシンを導入したにも関わらず、フェラーリF1は戦略の判断を誤ったり、信頼性問題やその他の運用上の問題が頻発していることだ。

2019年からチームプリンシパルとしてフェラーリF1チームをまとめるマッティア・ビノットは、その役割が提示する難しさについて RaceFans のインタビューで語った。

フェラーリF1が再びレースに勝利するための道についてマッティア・ビノットは「時間と情熱の問題だ」と語る。

「特効薬はない。そのため、教訓から学ぶというアプローチでミスにアプローチし、ミスを犯すたびに誰かの責任にしないようにすることが重要だ」

「何が原因で、なぜその選択に至ったのか、そのミスを犯しまったのかを理解し、将来的にそれらを回避するための措置を講じることが重要だ。チームの安定性も重要だ。何年にもわたって同じ人間が戦略を立てており、ピットクルーは安定している」

「だから、安定性を維持し、何度でも改善できるチームを構築することが目標だ。ミスの後のミスに我々は力を注いでいます。これまでのシーズンを見れば、堅実なレース週末があった。イモラのような、天候や雨といった困難な状況があったが、我々は常に正しい戦略的選択をしたと思っているし、エンジニアリング側、ピットクルー側は非常に一貫していたと思う。それが重要だ」

昨年はフェラーリにとって忘れたい年であり、40年ぶりの最低成績を記録し、ランキング 6 位になった。当然のことながら、マッティア・ビノットはプレッシャーを感じたが、ジョン・エルカンとルイス・カミッレーリのサポートが常にあったと主張する。

「非常に難しいシーズンだった」とマッティア・ビノットは語る。

「責任を感じたのは確かだ。しかし、私はそのような困難な時期にチームが団結していたことを知っている。チームがそれぞれの原因を非難することは内部的には非常に簡単だったが、決してそうはならなかった。チームは結束を保ち、前進するための正しい勝利の精神を持ち、より良い結果を出せることを示している」

「リーダーとして最も重要なことは、チームが団結していることだ。つまり、適切な次の層]のリーダーシップを持っていることだ。当時、私が抱えていたプレッシャーがチームに反映されないようにすることが重要だった」

「私の焦点はそこにあり、噂に耳を傾けたり、自分とチームを責めたりせず、改善しようとすることに集中し続けた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ