フェラーリF1代表 「レッドブルはメルセデスからの引き抜きを騒ぎすぎ」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、レッドブルがメルセデスからF1エンジンスタッフを引き抜いていることについて騒ぎ立てすぎていると考えている。

2022年からホンダのF1エンジンの知的財産を引き継いでミルトンキーンズの敷地内でF1エンジン部門として活動するレッドブル・パワートレインズは、30マイル離れたブルックスワースのメルセデスのF1エンジン部門から少なくとも15名のスタッフを引き抜いた。

レッドブルF1は、パワートレインプロジェクトのテクニカルディレクターとなるベン・ホジキンソン率いる新入社員の名前と役職を発表している。

しかし、マッティア・ビノットは、フェラーリも同じようなことをしており、ライバルメーカーからスタッフを引き抜くことは大したことではないとし、違いはフェラーリが内密なままにしていることだと語った。

「過去3年間で、30人の以上のエンジニアが他のチームから雇われている」とマッティア・ビノットは Corriere della Sera に語った。

「レッドブルは、買付けキャンペーンを行うだけでなく、それを発表している。我々はそれを公表せずに行っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル