ゲルハルト・ベルガー 「フェラーリはイタリア人だけではF1で勝てない」
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、フェラーリが勝利の道に戻るためには、イタリア人スタッフだけを雇うというアプローチをやめなければならないと考えている。

今季、フェラーリはこれまでで最もグリッドのトップから遠く離れている。残り4戦でフェラーリはコンストラクターズ選手権6位に沈んでおり、2回の表彰台しか獲得できていない。

近年、フェラーリがF1で成功できないのは、可能な限りイタリア人のスタッフで戦うというチームの方針によるものだと主張する人が多いが、ゲルハルト・ベルガーもその一人だ。

「私がそこにいたとき、イタリアのチームとしてのフェラーリの大きな願いは、常にイタリアのチームとしてチャンピオンを獲得しようということだった。すべてイタリア人で完全なイタリアのチームとしてパフォーマンスを発揮するというね」とゲルハルト・ベルガーは語った。

「今日ではそれは不可能だと言える。F1は非常に複雑でレベルが高いので、世界で最高のスタッフが必要だ。国籍は関係ない」

「結局のところ、いずれにしろチャンピオンシップはイタリアに戻るんだからね」

フェラーリの最も成功した時期は、1990年代後半から2000年代初頭。ミハエル・シューマッハが指揮を執り、チームは6回連続でコンストラクターズチャンピオンシップを獲得した。

ゲルハルト・バーガー氏は、当時のスタッフの国際的な構成は、イタリア国外のスタッフを考慮し、重要な役割を担うべきであるという証拠として役立つと感じている。

「シューマッハ時代を振り返ると、彼のエリアでトップだったのはロス・ブラウンだった。彼は英国人だった」とゲルハルト・ベツガーは付け加えた。

「トップは政治とチームマネージャーとしてのジャン・トッドだった。彼はフランス人だった。空力部門でトップだったのは南アフリカ人のロリー・バーンだった。当時のトップドライバーはミハエル・シューマッハだった。彼はドイツ人だ」

「ジャンはすべてまとめ、ミハエルは左右のうまく手に入れた。彼らは素晴らしい国際チームを結成し、成功を収めた。それがその仕組みだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ