フェラーリF1 「レッドブルから要請があればエンジン供給を検討する」
フェラーリF1は、レッドブルから2022年のF1エンジン供給について要請があれば検討するとのスタンスを示した。

ホンダが2021年シーズン限りでF1を撤退することを決定したことで、レッドブルとアルファタウリは2022年にむけて新しいサプライヤーを探す必要がある。両チームは過去にフェラーリのF1エンジンを搭載していたことがある。

ライベルのメルセデスF1は即座にレッドブルへの供給は不可能だと語ったが、フェラーリF1はよりオープンな姿勢をみせていた。

フェラーリF1のチーム代表マッティア・ビノットは、レッドブルへのF1エンジンの供給の可能性について「当然ながら、我々はホンダがF1から撤退するとは考えてもいなかった。これから検討していく必要があることだ」と語った。

「まだ我々は決定はしていない。最終的には彼らが我々に目を向け、供給を求めてくるかによると思う。彼らは素晴らしいチームだ。それについて疑いはない」

「彼らに供給することは多くのエネルギーが求められることであり、それを考慮する必要があるが、まだ我々はそのポジションにはいない。その上で我々は時間をかけて考えて、決定する必要がある」

「タイミング的に時間はほとんどないと思う。我々は自分たちのことを組織する必要があるし、2022年はすぐそこまできている」

「先ほども言ったようにホンダのニュースは幾分突然ニュースだったし、数日前には考えもしなかったことをこれから検討していく必要があると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ