フェラーリF1、ムジェロ・サーキットで1000回目のグランプリが実現
フェラーリF1は、1000回目のグランプリという歴史的なイベントを地元イタリアのムジェロ・サーキットで祝うことが決定した

「ムジェロの我々のホーム・でスクデリア・フェラーリの1000回目の記念となるグランプリという特別な記念日を祝うことができることは信じられない機会だ」とフェラーリF1のチーム代表マッティア・ビノットは語った。

「ムジェロは、ドライバーとマシンにとって最も壮観で挑戦的なコースの1つであるだけでなく、持続可能性を優先事項の1つにしている構造でもある」

フェラーリ所有のムジェロは、MotoGPカレンダーのレギュラーであり、モンツァ、イモラ、ペスカーラに次ぐF4グランプリを開催するイタリアで4番目のサーキットとなる。イタリアが2つのレースを主催したのも2006年以来初めてで、モンツァとイモラが(後者はサンマリノGP)を開催した。

もちろん、フェラーリF1は、ムジェロでの最近の走行経験がある。先週末のオーストリアでのシーズン再開に先駆け、2018年F1マシンを会場に持ち込んでシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルがテストを実施している。

「個人的には、ムジェロは何日ものテストの思い出にリンクされており、チームの他のメンバーと一緒にマシンを改善するために取り組み、いつかそこでライバルと戦うことを夢見ていた」とマッティア・ビノットは付け加えた。

「今日、そこでグランプリのようなイベントが開催されること、そして我々のF1の歴史の中で1000回目のイベントとなるのは素晴らしい気持ちだ。その夢を9月13日に実現するのを待ち切れない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / F1イタリアGP