フェラーリF1代表 「ジョビナッツィは跳ね馬のシートには時期尚早だった」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、アントニオ・ジョビナッツィは2021年にセバスチャン・ベッテルを後任を務めるにはまだ実力不足だったと語る。

現在、フェラーリの契約ドライバーとしてアルファロメオ・レーシングからF1に参戦するアントニオ・ジョビナッツィは、シャルル・ルクレールとの衝突を避ける意味でも、コスト面でもフェラーリにとって最も安全な選択肢だとして後任候補の一人に挙げられていた。

しかし、マッティア・ビノットは、アントニオ・ジョビナッツィはまだ成長と経験を積む必要があり、フェラーリへのステップアップはこの段階では飛躍的すぎると述べた。

「アントニオのことはとてもリスペクトしている」とマッティア・ビノットは Sky Sport Italia に語った。

「彼は昨年F1で初シーズンを終えており、1年後にフェラーリに行くことは責任が大きすぎると思う」

「我々は彼の発展を頼りにしており、もちろん彼を支援していく。彼は我々の計画の一部だが、彼はまだF1で経験を積む必要がある」

アントニオ・ジョビナッツィは、フェラーリと仕事上の関係はあるが、ミック・シューマッハ、ジュリアーノ・アレジ、マーカス・アームストロング、カルム・アイロット、ロバート・シュワルツマン、アーサー・ルクレール、エンツォ・フィッティパルディなどが所属するフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーではない。

2020年もアントニオ・ジョビナッツィは、キミ・ライコネンのチームメイトとしてアルファロメオ・レーシングから参戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / アントニオ・ジョビナッツィ