フェラーリF1、セバスチャン・ベッテルに給与減額の1年契約をオファー
フェラーリは、セバスチャン・ベッテルに給与を大幅に減額した新たな1年契約をオファーしたと Sky Sports Italia が報じている。

セバスチャン・ベッテルは、今年が2017年にフェラーリと結んだ3年契約の最終年となる。昨年、ベッテルは1勝と2回のポールポジションという最悪のシーズンのひとつを過ごした。チームメイトのシャルル・ルクレールは2勝と7回のポールポジションを獲得し、すでに2024年までフェラーリとの契約を延長している。

セバスチャン・ベッテルの現在の推定年俸は3300万ユーロ(約40億円)とされている。Sky Sports Italiaは、新しい契約がどれくらいの額になるかを正確には把握していないが、大幅に減額されていると報じている。

「2017年、ベッテルの状況は大きく異なっていた」と Sky Sports Italia はセバスチャン・ベッテルの現在の交渉状況について解説。

「セルジオ・マルキオンネと一緒に、彼は3シーズン、合計1億ユーロの契約を結ぶことに同意した。その年、彼は間違いなくチームのリーダーだった」

2019年にセバスチャン・ベッテルはシャルル・ルクレールに敗北したため、ベッテルははるかに交渉において弱い立場にあるが、彼のプライドがそれを受け入れることができなかった場合、代替案はかなり限られている。

「だが、ベッテルが拒否したとしても、必ずしもどこか他の場所に座ることができるという意味ではない」と Sky Sports Italia は続ける。

「今後数か月はベッテルにとって重要であり、彼の将来は危機に瀕している。彼はトラックで彼の価値を証明することができない。彼の人生で初めて彼は自分の手に力を持たずに契約会議に参加することになるだろう」

セバスチャン・ベッテルの代わりとして、ダニエル・リカルド、カルロス・サインツ、アントニオ・ジョビナッツィが候補に挙げられている。

ダニエル・リカルドは、2019年シーズンに先立ってルノーに移籍したが、プロジェクトはまだ成果を上げておらず、2020年末に2年契約の期限が切れるときに移籍を検討しているとされている。

カルロス・サインツは、2019年にこれまでのキャリアのベストシーズンを過ごし、ドライバーズ選手権で6位でフィニッシュ。ブラジルGPで3位でフィニッシュし、マクラーレンに2014年以来となる表彰台をもたらした。

アントニオ・ジョビナッツィはワイルドカードのようなものだ。フェラーリの契約ドライバーであるジョビナッツィは、昨年、アルファロメオで輝きを見せられなかったが、シーズンを通して着実に進歩を果たした。フェラーリが、再び明確なナンバー1とナンバー2というポリシーを確立したい場合、ジョビナッツィは明らかな選択肢になるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル