F1 世界モータースポーツ評議会、FIAのフェラーリとの“秘密の和解”を支持
世界モータースポーツ評議会は、波紋を広げているフェラーリのF1エンジンに関するFIA(国際自動車連盟)の“秘密の合意”を全会一致で支持すると発表した。

昨年、フェラーリの2019年F1エンジンは夏休み以降に大きな改善を果たした。疑惑の目をむけたライバルチームは燃料流量システムの不正行為を指摘。その後、FIAは立て続けに技術指令を発行し、そのタイミングでフェラーリの戦闘力は低下した。

だが、FIAは2月28日(金)にフェラーリとの間で“和解”に到達したと発表。また、和解の一環としてフェラーリはFIAの“二酸化炭素排出量と持続可能な燃料”の研究開発を支援すると述べた。

しかし、詳細な内容はフェラーリとFIAの間にで保持するとし、発表のタイミングもF1プレシーズンテスト最終日の1時間前というメディア対応を掻い潜るタイミングであったので、ライバルチームの怒りを買った。

その結果、フェラーリのカスタマーであるハースとアルファロメオを除く7チームが、FIAにフェラーリとの間で交わした合意について内容の開示を求めて共同声明を発表するという異例の事態に発展した。

しかし、FIAは2つ目の声明を発表し、調査の結果、フェラーリ製PUの合法性に疑いはあったものの、“違反の明確な証拠を出せない”ことを理由に、2者の間で和解合意を結ぶことにしたと説明した。

全F1チームのなかで唯一フェラーリのチーム代表マッティア・ビノットが含まれる世界モータースポーツ評議会は6日(金)に会議を開催し、議題の1つとしてフェラーリのF1エンジン問題も話し合われた。

世界モータースポーツ評議会は、FIAの声明を支持するとの声明を発表。対決姿勢を示す7チームに向けられていると思われる内容となった。

「評議会はこの件の全体的な管理について、FIA会長とFIA技術部門に全会一致の支持を表明し、FIAとF1世界選手権の評判やイメージを損ねる意見に強く反対する」と声明で述べた。

だが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、今のF1の状況はスキャンダルに他ならないと Munchner Merkur に語った。

ヘルムート・マルコは「もはや全ての状況がFIFAと同規模の様相を呈している」と数年前に報告された世界サッカー協会の腐敗に言及。

「FIAとFIFAの間に1文字の違いしかない」とマルコは言いました。「これはジャン・トッドによる政治的自殺行為だと言えるだろう」

「FIAは、我々が毎年3桁の百万ユーロを投じるスポーツの信用を落としている」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ