F1
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ライバルであるメルセデスに安定して勝てるようになるにはまだ数年かかると語る。

昨年、フェラーリはシーズン後半にパフォーマンスを大幅に改善し、3勝を挙げた。2020年のレギュレーションは変わらないため、フェラーリは再びタイトル争いの最前線に立つことが期待されている。

しかし、フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリがメルセデスに打ち勝つ可能性について警告した。
「勝利のサイクルをオープンにして、安定した方法でメルセデスの前に立つにはまだ数年かかる」とマッティア・ビノットはコメント。

「しかし、フェラーリとして、我々は毎年挑戦するという道徳的な義務を常に負っていることを私は把握している。したがって、2020年に非常に良い結果を出すことを目標を持ってスタートするし、2位で終わるためにスタートすることはない」

「しかし、チームがあらゆる面で十分かつ必要な成熟度とノウハウに到達し、支配的であると言わなければならない場合、それが2日間で行われることはないと言ってもいいだろう」

フェラーリは、2月11日にマラネロで2020年F1マシンを発表。現時点では最初に新車を発表するチームとなっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / メルセデス